2009年10月26日 (月)

工藤が西武へ還ってくる???

我らがライオンズは、今季結局4位という低迷・・・それでも5割はなんとか越えたものの・・・。
涌井と岸以外の全投手が、ほぼ読める戦力として活躍できなかったことが大きかったわけですが、特に中継ぎ以降の後ろがまったくもって不安定だったという体たらく(´・ω・`)

大沼や小野寺も、結構良いときはあったんですが、それ以上に不調も長くて、1軍にきちんと定着できず。

正津や三井、岡本を戦力外通告したことで、本気で刷新するつもりという感じが凄くあったんですが、そんなところへ、工藤のライオンズ復帰? のニュースが!!

ここ数年の横浜での活躍ぶりから行くと、もし復帰するのであれば、6・7回くらいでの中継ぎってカンジ佳奈?

今季で江藤も引退して、精神的な柱になる大ベテラン選手も欲しいところだろうし(先発でなければ割合とベンチ入りすることも多いでしょうからね)、ゆくゆくは投手コーチに──みたいな考え方もアリだと思うので、割合とライオンズ側としては(金銭面の問題はありそうですけど)マッチする選手なのかも? ですねヽ(´ー`)ノ 
もちろん、話題性としても十分ありますからね。

・・・まぁ工藤次第ってトコロのような気はしますが。
自分としては、結構来て欲しい感じしますよ〜〜。

リンク: 工藤が西武へ、古巣で47歳現役! - 野球ニュース : nikkansports.com.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

やったぞ、アジア1!

ライオンズだらけの(笑)アジアシリーズでしたが、本物のライオンズは、やっぱり我らが埼玉西武ライオンズだった!!!!!!!!

統一との戦いも、相当に息詰まる投手戦だったみたいですが、日本シリーズの最終戦の時のような好走塁でサヨナラですか!!!!!
アジアシリーズは、飛車角金銀落ちというハンデキャップ戦のような状況だったので、正直予選敗退も覚悟してたんですけど・・・終わってみれば、予選も1位通過での優勝と、まさしく日本の4連覇。
久信も四度目の胴上げ! ・・・って1年に四回も胴上げされたのを見たの、初めてダヨ。

つか、考えてみれば今年のライオンズ(もちろん、埼玉西武のことデスよw)は、自分の悪い予想を全部外してくれる、スゴイチームだったことに気がつきましたよ。
・・・交流戦で大失速して、日ハムに1ゲーム差まで詰め寄られた時は、オールスター前には首位は明け渡しているだろうと思っていたし、ペナント終盤でGG佐藤やブラゼルが戦線離脱&二度目の大連敗ではオリックスに追いつかれちゃうんじゃないかと思ったし、日本シリーズでも2戦3戦と連敗した時は、そのまま流れを引き寄せられずに敗退するんじゃないかとハラハラしたし・・・そして、故障者と主要なベテランを外してのアジアシリーズだったですから。

そんなアジアシリーズでは中継ぎ陣がかなり奮闘して、ゲームメイクしていたみたいですね。
ところで、そのアジアシリーズは、スポンサー大激減で運営が厳しい状況らしいです(今年はすでに、そんな赤字覚悟で開催されたらしい)。

まぁ、他の3ヶ国の方々は判りませんが、日本のメディア的には明らかにアジアNo.1=日本シリーズの覇者であって、アジアシリーズは、そのアジア最高峰の球団が周辺国のNo.1球団と戦うエキシビジョン・マッチという扱いですからね〜。
実際、地上波での放送は無いし(巨人が出場していたら、日テレが中継したかもデスがwwww)、スポーツニュースでも扱いは大きくないし。
それにアジアシリーズに臨んでいるチームのファン以外の話題は、もうもっぱらFAやらトレードやら、いわゆるストーブリーグのことで持ちきりですしね〜。
もし盛り上げたいのであれば、もっとファンやメディアに対してきちんとアジアシリーズの意義(ランクが日本シリーズよりも上あること)を訴えないとダメなんじゃネ??

それはそれとして、今年の日本シリーズの全試合をどこかで再放送してくれない佳奈??
ライオンズファンとしては、薄氷を踏む想いのゲームの連続でキビシイものがあったワケですが、野球の試合としてはどれも見応えがあって、しかもシリーズの流れ自体も二転三転する、球史に残るシリーズだったと思うんですよ。
・・・最終戦で越智から得点をもぎ取った時は、ライオンズファンとしてはもうお祭騒ぎで、原ベンチ側の用兵的なことなんてまったく眼中になかったんですが、翌日野球好きの人と話をして、その人から「なんで同点になった場面で越智を変えなかったのか?」と言う発言を聞いて、確かにそうだ!と唸ってしまった次第だったりもしたので(定石的に考えたら、あとアウト1つだし、巨人は負け越したわけではないので、最悪でもおかわりに四球を与えた時点で、交代させるべきだよナァ〜。まぁ、それほど原は越智を信用していて、さらに豊田やクルーンが1イニングしか投げられないという点で、延長になった時のことを考えたのかも・・・とか)。

そんなわけで、今年の日本シリーズの全試合、再放送を禿げしくキボンヌのコトYOヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

首位攻防戦と最下位決定戦

今日の巨人ー阪神戦は、まさに天下分け目の関ヶ原。
互いに満塁のチャンスを作りながらも、ビッグイニングにはならない好ゲームだったわけですが・・・
いや、昨日の楽天ーソフトバンク戦があまりにも締まった、今シーズン屈指の超絶ゲームだったので、なんか普通に見えてしまいましたよ(苦笑)。

それほど昨日の試合は凄かった! 
確かに王監督のラストゲームというイベント性もあったわけですが、でも最下位決定戦ですからね。
にも関わらず、これぞ天下分け目の関ヶ原と言わんばかりで、両軍とも一歩も譲らず・・・
両軍の投手(田中と杉内)も、方や10勝、方や最奪三振がかかっていたこともあって、互いに不用意な四死球など一切なく、継投した中継ぎ・抑えもその激烈な緊迫感を維持したまま12回まで戦い続ける、まさに死闘!

見ていて、両軍に(引き分けではなくて)勝たせたい! という気持ちにマジでなりましたヨ。
でも、こういう両軍のファンならば胃が痛くなる試合こそが、日本の野球の最大の魅力と醍醐味だよなぁ〜と。

しかも、ラストバッターとなった山崎武に対して、王は敬遠ではなく馬原に勝負させるという、勝負師らしい采配で・・・挑まれた山崎はサヨナラヒットと、王ファン・ソフトバンクファンには申し訳ないですが、劇的な幕切れ!

本当にすばらしい試合を見せてくれました! 
試合は負けてしまいましたが、世界の王のラストゲームに相応しい名勝負でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

優勝したは良いけれど

先週、ついにライオンズが優勝を果したわけですが、しかし残り二つのマジックをオリックスに減らしてもらっての優勝で、しかもその負け試合となった優勝決定戦も含めて、現在6連敗中なのですよ!

パは、もうCS進出の残り2枠を巡る攻防に注目が行ってしまっているので、ある意味我らがライオンズは大いに貢献しているともいえるんですが(苦笑)、これが2週間くらい前なら「西武特急、大ブレーキ!」みたいな見出しがスポーツを賑わしていたはず。

ここにきて、投打ともにレギュラー陣には故障者だけでなく疲弊者も続出しているという事なのかも知れません。その点では、10月はほぼ2週間くらい試合がないのは、案外ちょうど良いようには思う次第。
ただ、今年のライオンズの戦い方からすると、残り試合の半分くらいはワンサイドゲームで打ち勝たないと、ちょっと嫌な気分を選手に残してCSを向かえることになってしまうような気もしますヨ。

今日が今期のペナントレースでの本拠地最終戦──今日は久々にスカッと白星を付けて欲しいトコロです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

今日からオリックス戦

本日から、我らがライオンズは超絶好調のオリックス戦・・・
順調にマジックは減らしているものの、自力で消しているというよりも、それはソフトバンクや日本ハムが負けてくれていたお陰という印象の方が大きいので、ここは一番キバって欲しいトコロ。
結局、ロッテ戦は負け越しちゃったしね(;ω;)

しかし、よもやこのカードが、このタイミングでの首位決戦となるとは思いもよらなんだ(゜∀゜)

・・・それにつけても、『鬼太郎』『シュガーバニーズ ショコラ!』のインプレの時間が作れないデス〜(;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

やっぱり負けた、星野ジャパン

こうなるのではないかと思っていた通りデスナ。
つか、やっぱりあまり意義を感じられないプレーオフ(2次リーグ)なんてやらないで、メダルは1次リーグの順位通りでいいんジャネ? と思ってしまうのは、自分だけでしょうか??
「金メダルしか欲しくない」という天狗もイイトコロなスローガンだったんだから、銅メダルなんて不要だろうしwww

しかし、8回の岩瀬ダメすぎでしたな・・・アメリカ戦の敗退は、どのメディア(日本限定だけどw)もタイブレークに罪があるような論調が多かったけど、あそこでの連打は理不尽なルールとは関係ないよな〜〜と思っていたら、今日もそんなカンジだったみたいDEATHナヽ(´ー`)ノ

涌井も流れを止められなかったようだし・・・でもぶっちゃけ、これが今年の涌井の実力だよなぁ〜。
今年に限っていえば、涌井というブランドに頼るよりも安定している帆足をチョイスした方が、絶対良かったと思うけど。
まぁ、そのお陰で我らがライオンズは恐怖の12連戦を8勝4敗という驚異的な数字で乗りきれたのだけどねヽ(´ー`)ノ 正直、涌井をオリンピックに取られるのは、ローテーションが組みにくくなる以外は、あまり戦力ダウンにはならないと感じてましたからね。

それにつけても、李承燁はペナントレースでも今日のような活躍をしてくれていれば、巨人さんももっと楽なんでしょうけどね〜〜〜(爆)

で、早速日本のメディアは野球の敗退ことはあまり触れず、ソフトボールをより積極的にキャッチアップしているようで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

結局見てる、いつわのたま

いつわのたま〈五輪野球〉、とかいてオリンピックのベースボールと読む(笑)

夏コミの新刊の印刷をしながら、なんとなくキューバ戦観てますが、ダル調子悪すぎ(´・ω・`)
5回で100球とか、ぶっちゃけありえな〜い!
つか、予想通り日本チームはアップアップだヽ(´ー`)ノ

キューバのライトの強肩ぶりにビックリ! 外野一番奥へのフライで、かなり良いタイミングで返球してきた! 日本なら、相当余裕でホームイン出来そうな飛距離なのに(゜∀゜)

成瀬も制球が定まらない感じだよ。

どーでもいいけど、スーパーの日本ではストライクとボールの表示位置が逆なのが紛らわしい〜ヽ(`Д´)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

日ハムに勝ち越し!

前半戦最後の日ハム3連戦でしたが、我らがライオンズは勝ち越しに成功!
ジャンピング応援がぶっちゃけウザ過ぎな(爆)敵地・札幌ドームでの試合だっただけに、これは上出来だったと思います。
・・・まぁ、ダルがその前のロッテ戦で登板してくれたのも、結構大きかった佳奈?ヽ(´ー`)ノ

とはいえ、以前からライオンズネタの時には書いてきましたが、やっぱり岡本は戦犯ものですよ〜!
ホントにピリッとしない・・・8回、ファーストアウトを割合とすんなり取れたので、今日は危なげなくグラマンに繋げられると思えば、同点にされちゃうし。
同点を許してからのピンチで、アウトをちゃんと2つ取ったとは言え、それ自体自分で招いたピンチだったわけで、久々にパリッとした投球で7回まで投げた西口のがんばり(=勝ち星)をふいにしてしまったのですからね! 
7回の正津の状態からすると、そのまま8回も続投させてグラマンに繋いだ方がすんなり勝てたのでは?? とか思ってしまうのも止むナシでしょう。

ただ今年は三井の状態がすこぶる悪いので、岡本を人的保障で手にしていなければ、もっと目の当てられないことになっていたとは思うので、いないよりはマシとは思うわけですが。

それにしても、9回同点の場面でグラマンを順当に繰り出す渡辺久監督の勝ち気な采配が良かったですね。
グラマンは、元々先発だったので複数イニング投げることが出来るストッパーですから、そこも見越してのこととは思いますが、不退転な気概を感じましたダス。

とりあえず前半戦を首位で折り返しということで、ちょっと一安心ではありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

北京オリンピックの野球

自分は、あまりオリンピックというもの自体に興味のない人間なので、よく知らなかったんですが、調べてみたら「予選として」総当たり戦を行った上で、その順位に基づいて1位〜4位のチームで「決勝トーナメント戦」を行うらしいですナ。

でも、総当たり戦を行うんだったら、その順位=決勝の順位でいいんジャね?
と思ったら、オリンピックのテンプレでそうなっているらしい。

でも、バレーボールとかサッカーは12チームとか16チームとかあるので、上位陣で最終的にトーナメントを行うというのは、まぁ理に適ってる気もするんですが、野球はそもそも8チームしか出場しないんだから、上位4チームって言っても半分なんだよね。
これって、本義的には日本のプロ野球でプレーオフ(今のクライマックスシリーズ)を行う意味がない、という間抜けぶりがそのまま適応されてるワケで(;´Д`)

・・・余談ですが、個人的にはパ・リーグがプレーオフを行うことは、マスメディアへの露出も含めての興行的な意味合いから、大変有意義なことだとは思っているんですが、6チームしか存在しないマイクロリーグに於いては、本義的にはプレーオフを行う意味がない、という基本的な理屈にも賛同しております。なので、セ・リーグが行うことはほぼ無意味と思ってます。

しかし、オリンピックではそんなの関係ねー、てな具合でテンプレ方式でルールがあてがわれているという、理解不能なアリサマ。しかも、予選1位には何かアドバンテージがあるわけでもないし。
これが予選1位はシードされて、2位3位の勝者と戦うのであれば、まだ判るんですけどねー。

まぁ、野球なんて(ヨーロッパの人から見たら)極東と西インド諸島とアメリカでしか知られてない、カバティ以下のマイナースポーツっていう認識なのでしょうから、仕方ないのかも知れないですけどネ・・・(藁

ところで、オリンピック期間中はプロ野球の日程が緩くなるっていう話だったので、そのタイミングでいわゆるオールスター期間休みをスライドさせるのかと思ったら、見事に一週間ずれててwオリンピック期間中も思いのほか普通にゲームが開催されるんですね〜。
なので、緩いと言うよりも妙に日程が変則的になりすぎてて、ここでまた調子を崩すチームとか出て来そうですナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

只今、6連敗中_| ̄|○

月曜日に交流戦が終わったわけですが、やはり今年もライオンズにとっては鬼門のシリーズでありましたshock
特に、今月に入ってからが急激に失速。・・・この連敗中の試合のほとんどが1点差で競り負けるというよろしくないカンジがなんとも・・・

スポーツニュースは、打線の湿りが失速というような風に報じていることが多いようですが──まぁ、月曜日の13安打で5点という拙攻ぶりを見ればそれも一理ありますけど──、それよりも投手陣が踏ん張れないことの方が問題は大きいと思うんですが。

こと、セットアッパーとして期待されすぎたw岡本真が、勝てる試合を何度かダメにしてくれてしまったというが、きつかったデスナ(;´Д`)
でも、三井も相変わらず調子は良くないし(´・ω・`)

結局、シーズンが中盤にさしかかってそれなりに選手にも疲れが出てきたら、去年とあまり変らない問題点が露呈してきたという感じですね。

何時かは連敗は止まるとは思いますが、それでも今後は黒星先行・カードの負け越しというのはグッと増えるのではないでしょうか。
先発で勝ち星を計算出来るピッチャーがきちんといないのは、苦しいですよ。

オールスターまでに日ハムやソフトバンクと混戦を続けていられれば、上出来ではない佳奈?と。
つか、4〜5月が異様に出来過ぎだったってコトではあるんですけどネ(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)