« 山本天志さんが『ななついろ★ドロップス』の監督を引き受けたことは、女児アニメにとって重要な歴史的選択だった! | トップページ | 『てぃんくる☆』最終回、合唱ver.。その打ち明け話[ツイッターまとめ&ちょっと修正] »

2011年4月 3日 (日)

『てぃんくる☆』最終回の大合唱OPが『TFA』や『ビーストウォーズ』だった件(笑)での参考:ちゃんとスタジオで普通に録音してたYO>『TFA』最終回OP☆

『てぃんくる☆』の最終回OP・EDが歌、映像とも異なるスペシャルバージョンだったことが、大いに話題になってます。
最終回らしいサプライズ要素でもあり、OPのキャスト全員(おそらく最終回に来た人たち)での合唱はグランプリ優勝の祝賀ムードとも合致した楽しさに溢れており、逆にEDは卒業式の感涙を思わせる、涙混じりの歌声(役者さんたちは歌っていて本当に涙してしまったのではと言う気がします)が見る側の感動度合いをより深めるものとなりました。
どちらも、単なる最終回サプライズ以上に、演出意図を強める効果を上げているわけです。

で、最終回OPの役者さんによる合唱というのは、音響監督の岩浪美和さんが割と好んで使うようでもあり、これまでだと岩浪さん担当の『トランスフォーマー』シリーズでの定番(?)みたいなところもあったりなかったり(笑)。

『てぃんくる☆』OPでの歌い方(特に男性陣)のハッチャケ具合も、ある種『トランスフォーマー』的で(笑)、隠し録り的にお遊びで唄ったものを使ったのでは?という憶測もあるようですが、おそらくそれは無いです。

自分は『トランスフォーマーアニメイテッド』(TFA)最終回のアフレコを見学させて頂いたのですが、『TFA』最終回OPの合唱も、本編同様にきちんとラステスを踏んだ上で本番に臨んでいました。
ハッチャケたノリは完全に音響監督ジャッジで、ラステス後「もっとふざけて良いよ」と岩浪さんが指示を出していたのを覚えています。

またOP部分の録音は本編が終わった後に引き続き行なわれ、その意味では「打ち上げ気分」で役者さんたちは歌っていました。
ちなみに『TFA』ではJamProを意識したパート分けを、ブースの中で役者さん達がその場で打ち合わせて唄っていましたよヽ(´ー`)ノ

もちろん、事前に各方面(特に音楽制作会社さん)に、通常の主題歌ではなく合唱にしたバージョンを使うという了解も得てのことです。

おそらく『てぃんくる☆』でも、それほど違わない作業プロセスを踏んでいるのではないかと思われます。
・・・多少誤解されている部分もあるようですが、つまりその場での思いつきやノリだけでは、こうしたことは出来ないわけです。
さらに『てぃんくる☆』最終回では作劇的な演出面とのマッチングも強いので、その仕込みも考えた時、このスペシャルOP・EDが本当に「スペシャル」なものだったことが分かるでしょう。

|

« 山本天志さんが『ななついろ★ドロップス』の監督を引き受けたことは、女児アニメにとって重要な歴史的選択だった! | トップページ | 『てぃんくる☆』最終回、合唱ver.。その打ち明け話[ツイッターまとめ&ちょっと修正] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202830/51288968

この記事へのトラックバック一覧です: 『てぃんくる☆』最終回の大合唱OPが『TFA』や『ビーストウォーズ』だった件(笑)での参考:ちゃんとスタジオで普通に録音してたYO>『TFA』最終回OP☆:

« 山本天志さんが『ななついろ★ドロップス』の監督を引き受けたことは、女児アニメにとって重要な歴史的選択だった! | トップページ | 『てぃんくる☆』最終回、合唱ver.。その打ち明け話[ツイッターまとめ&ちょっと修正] »