« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月24日 (木)

『ジュエルペットてぃんくる☆』主題歌CD買った〜。限定版DVDはやっぱりノンテロOP/EDだった〜♪

てなわけで、OP/ED曲というよりも、むしろOPとEDのノンテロ映像目当て(爆)で買いました☆
『ジュエルペットてぃんくる☆』主題歌CD+DVD版「Happy☆てぃんくる/空ニラクガキ」
Op00

元々、ズバリ「The 山本天志フィルム」に仕上がっていた映像だけに、ノンテロップバージョンは感激もひとしお♥

『ななついろ★ドロップス』のEDでの「テキストによる世界観解説」を巧く活かした(と思われる)OPのあかりたちのプロフィールなのですが、放映ではテロップが被ってしまってよく読めない箇所がやっぱり多いわけですよ。
Op02_2で、ノンテロ版は(フレームアウトしている部分があるものの)隅々まで読めますね〜☆
バッチリ「(住まいは)神奈川県です」って書いてありますよ(笑)。
近所を走っている路線バスとランドスケープから、三浦とか葉山とか言われてますけど、やっぱり山本天志さんはその辺をロケハンしたんでしょうね〜。
(『ななついろ』では山梨&清里方面をロケハンして、そこを舞台としてましたし)

で・・・

「(仲)の良いお友達は、(●)っこちゃんとカナとゆっこ」
ええええええええええええっ!!!!!!!!!!!!!!!!!
あかりちゃんは、ネット世界以外レアレア界にもちゃんと仲良しさんがいるのか!!!(核爆)
今のところ、ウインストン学園でのあかりのクラスメイトは、みんな「女生徒」みたいなクレジットなのですが、実はモブと思われている女の子の中に、この三人がいたりして??
(12話であかりの4コマを見て、先生と一緒に描くことを勧めた子達なの佳奈??)
2クール目に入って、レアレア界主体のエピソードも増えてきているので、そのまだ見ぬ仲良しさんがちゃんと出てくる可能性も充分にありそう〜☆

Op06ミリアも、読まれたくない部分についてアクションを付けて隠しているというポージングだったんですね(もっと早く気がつけよ!www)
身長は138cmであろうと思われますよヽ(´ー`)ノ

Op04沙羅はスリーサイズの項目を魔法で消すというアクションが付けられているわけですが、その文言がポイント。

「ぜひスリーサイズを」「それに何のイミがある?」
この“やりとり”は萌えアニメの経験値がないと、たぶんちょっと出てこないのでは??
こうしたバランス感覚こそ、『てぃんくる☆』における山本天志演出の独自性ではないかと考える次第。

さてさて、DVDは単純にノンテロ版が収録されているわけではなくて、歌詞字幕をON/OFF出来たり、カラオケ版の音声も収録されていたりと、なかなか凝ったオーサリングがされております。

Op05さらに特典音声として、OP〜EDのノンテロ映像をバックに、ヒロイン3人の声優さんが役になりきって(彼女たちが歌っている)EDの歌唱ポイントや、掛け声ポイントをガイダンスするトークが収録されてます。
それから、そのヒロイン3人の声優さんが簡単なゲームトークをする音声が3つ。
3人のうち一人が出題して、残り二人が出題されたお題から連想するものを同時に答えて、一致するかどうか? その数を競う(?)、ちょっとアニラジのミニコーナーみたいな内容ダターリヽ(´ー`)ノ
もう、明らかにオオトモ向けコンテンツですよwwww
それにしてもあかり役の高森奈津実嬢の素の声が、かなり低めでビックリ!
裏声に近いくらい、あかりは作った声だというこの事実(゜∀゜)

ただ、この特典音声で流れる映像も、延々ノンテロOP/EDなので、さすがにちょっと食傷気味になってしまうような(苦笑)。

色見本の立ち絵とかキービジュアルとかの静止画でも充分だったような気もするんですが・・・(権利的な問題とかあったのかも知れないですけどね)。

それから、DVDに関するインフォメーションもあったのですが、「8月からレンタルスタート」って!
えええええええ(;´Д`)
セル版はいつ発売されるんだよ〜〜!ヽ(`Д´)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

ハトプリラムネ、ラベルは3種類!

齋藤飲料が毎年発売しているプリキュア・ラムネ。
今年はもちろんコレ!
ハートキャッチプリキュア!ラムネ
自分は『スプラッシュスター』の頃から毎年たくさん買って、空き瓶を保存している次第。
で、今年もすでに10本くらい買って飲んでるわけなのデスが、今日になって初めてラベルにバリエーションがあることに気がついた!(o△o)|||
アマゾンの商品説明にも・・・

女の子に大人気のプリキュア新シリーズをデザインしたかわいいいラムネです。ラベルデザインが全三種類ありコレクター性を高めました。

・・・ちょ・・・「3種類て!?マジですか」
Hcramune02去年までは確か1種類しか無かったのに!!!
で、慌てて空き瓶を確かめてみたら、おおちゃんと3種類既にコンプしてた〜(安堵)

どうやら3種類がランダムに封入されていて、数的には均等というわけではないらしいデス。
しかし、パッとみ色合いやらデザインやら、結構似通っていて判りづらいよヽ(`Д´)ノ
(ラベルアップのお写真)Hcramune01_2

これまでは全然気にせず、無作為に買ってたんですが、どうしたわけか我が家では(=近所のスーパーに入荷したカートンは)右側のタイプばかりあって、中央のタイプが計2、左側のに至っては写真の1本しか無かった!
今後は中央と左側のラベルを選んで買うことにしよう〜。

齋藤飲料のサイトを見ると、今年のキャラクターラムネはどれもラベルが3種類あるようなのですが、『ハトプリ』だけが似通っているデザインなのですよ。これが(´・ω・`)
来年も3パターンで発売するのであれば、もう少しバリュー感のあるデザインにして欲しいトコロでございますデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

ジュエルペットてぃんくる☆12話インプレ

『てぃんくる☆』12話も、人間界メインで話が進行するエピソードです。
Jt1204

今回は、あかりがマンガ執筆に色々悩むというお話なのですが、恋愛ストーリーのプロットを考えているうちに、自分自身の恋に対する考え方の未熟さを知る、というマンガ云々のネタ感よりも(作品の本質の)あかりの成長物語としての印象が強く残る、イイ話でした♪

なので、クライマックスでは魔法のマンガグッズ(!)でマンガを仕上げるのではなく(あかりが、それをインチキとちゃんと感じるのもミソ)、そのグッズの魔法の力で自分の描いたマンガの世界に入り込み自分の気持ちを知る展開になっています。
魔法少女ものの王道をゆくストーリーが、とにかく問答無用に素晴らしいワケです!さすがは島田満さんの脚本!

ラスト、ルビーをモデルに動物ギャグ4コマを描いたらクラスメイトたちに評価されるオチも、希望的なカタルシスを見せていて、そこもOK☆「小さなことから〜」的な印象や、「等身大のことを気負い無く描くことが大事」といったキッズ向けらしい落としどころだったと思いますヨ。

Jt1205また、その4コママンガを誰よりも最初に誉めてくれるのが、憧れのユウマくんである点も見逃せないですね☆(そこでの、あかりの恥ずかしそうな表情芝居が、これまたグー♪)

それにつけても、今回から夏服仕様だったのですが、いきなりあかりの私服が3パターン!2つはこれまで登場したものの半袖バージョンでしたが、新規が1着。ただ次回予告では基本の私服半袖ver.だったので、今回のような服装の頻繁なチェンジは恒久的な形ではないのでしょうね〜(グスン)。Jt1207_3

今回は演出的に、日にちが過ぎてゆく表現をテロップやナレ以外で見せていこうという発想からの、頻繁なチェンジだったように思いましたデス。コンテ段階で指定されていたのか、処理段階でのアイデアだったのかが、ちょっと気になります〜。

Jt1206それと、細かいところではあかりの描く絵(特にノートでのラクガキ)のクオリティの“リアル”さ!(笑)いかにも“マンガが巧い小学生”が描きそうな絵柄なワケデスよヽ(´ー`)ノこれだけで、痺れるゥ☆
なおコマ割がそれなりに出来ていたりとか、ネームを切ってから下書きに入るとか、結構あかりは漫画制作ノウハウを知っているっぽいワケですが、きっとスララで勉強したんだろうナァとか思ったりヽ(´ー`)ノ

人間界メインの話でありながらも、ルビーとラブラがしっかりあかりのパートナーとして機能しているのもポイント高いです。
あかりが話すマンガのプロットを、目を輝かせて聞き入ったり(続きを聞かせてと、あかりにねだる辺りが幼い妹風情で、そこもまた良いのです!)、結局マンガを仕上げきれずに落ち込むあかりを、自分たちが描いた絵を見せて、一所懸命慰めたりと、かわいい見せ場が随所にあります。Jt1208
&ルビーとラブラが紙くずを屑屋さん風に背負い篭にいれるカットが、コミカルでカワユス(*´Д`) そこは稲垣隆行さんぽいカンジが、何となくしたりヽ(´ー`)ノ
他にも、あかりの部屋に置かれているコミックスが全部小学館のものとか、マンガ家先生バージョンのあかりが、やっぱりベレー帽だったりとか(笑)、色々とオトナ目線だとギャグっぽくも見えるカットもあったりします。
・・・しかし『てぃんくる☆』では稲垣さんが本当に大車輪の登板を見せますね〜。しかも、毎回クオリティも高いし!

Jt1203そして、やっぱり感じるのは、あかりの感情の起伏の付け方が、誤解を恐れずにいえば『ななついろ★ドロップス』のすももに近いテンションだなぁ〜ということ。
ヒロインの日常芝居でのシャイな部分と、気のおけない人にだけ見せるちょっと調子の良い感じとの落差をしっとり地に足の付いた形で魅力的に見せていたのが、『ななついろ』のとても良いところだったので、そこは期待通りでもあり、そんなあかりを見ていると、ついついニヤニヤしてしまうのです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

小林桂樹版『仕掛人・藤枝梅安』を見て『さらい屋五葉』を思う也

CSで小林桂樹版『仕掛人・藤枝梅安』を見たデス。
このシリーズ、随分前から知ってはいたのですが、実はちゃんと通してみたのは、これが初めて!
で、梅安のルックス的なイメージはさておき、作劇的な雰囲気はやっぱりこれが一番原作に近い気がするデスヨ。

それにつけても小林桂樹というキャスティングは、良くも悪くも『必殺仕掛人』での緒形拳の持つ渋いイメージを受けてのことだという気がするナァ。その固定観念を刷新した渡辺健の梅安だけど、逆に言えば『必殺仕掛人』当時の緒形拳が持っていた、静的な中にあるワイルドな面を強烈に引き継いでいる気もするデス。

こうして小林桂樹版『梅安』を見ていると、『さらい屋五葉』が目指している世界は、“グルメネタ抜きのw池波版『梅安』”なのかも?とか思ったりヽ(´ー`)ノ
間の取り方自体もそうだし、キャラクター的にも、マサが裏稼業に対して小杉十五郎とは真逆の態度を取りつつ(それさえ、恣意的に見えてしまったりww)でも次第に“仲間意識”が芽生えて連んでゆく様とか、もうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

ジュエルペットてぃんくる☆11話インプレ

※ちょっと試験的に、ツイッターでつぶやいた今週の『ジュエルペットてぃんくる☆』の感想を加筆修正してまとめてみました※

Jt1103
『ジュエルペットてぃんくる☆』11話は、定番の父の日回。
初めての人間界主軸のお話でございます。
こういう人間界主体の話が入ると、やっぱりシリーズ構成にもメリハリが付きますね♪
展開的には、父親の会社でパパさんに変身して起こるドタバタと、父の会社での普段とはまったく違う頼れる顔を知るというスタンダードな話ですが、そこをストレートに描くのがミソですね。

脚本の山田隆司さんは、『どれみ』はもちろん『マイメロ』でも父の日エピソードをやっていましたし、こういうキッズ向けアニメの定番シチュエーションを大切にしていることが感じられますデス。
特にパパさんとの海を見ながらの会話で、笑顔で応えるあかりの振り向きざまの表情カットが最高!

Jt1107で、再び魔法学校でパパさんに変身するも、冒頭と同じグータラな恰好という辺りも、コミカルでありつつ、その素の部分も嫌いじゃないんだと、あかりが冒頭とは真逆のセリフとともに、「お父さんだーいすき!」と破顔する持っていき方が、いわゆる「満点パパ」の作文(古!)ノリで、見ている方としても微笑ましく感じる限り☆
そのカット尻のエンボス的なハーモニー風処理が、父の日エピソードらしいほっこりした雰囲気を強めてもおりました。

また、珍しくあかりたちが魔法を一種私利私欲(笑)な感じで使ってゆく展開もポイント高し!(エライヒトに変身すれば食事を奢ってもらえるだろう、というのは杓子定規なモラルに則れば、良い行いとは言えないものの、そこも含めた子供っぽい発想がヨイのです☆)

Jt1102細かいところですが、この前のグループZEN担当回の5話で、数カットだけ登場したいつもと違うあかりの私服姿が再び登場。
回想シーンでも、あかりは別の服を着ておりまして、その辺の細かい拘りもなかなかヨカですよ。Jt1101

ミリアも基本設以外の私服を着ていたカットがあったので、今後もZEN担当回での私服替えに期待できそうな予感もありますね〜。

Jt1105あと、2話に続いて桜家カーのアルファロメオが登場。しかもCGで作画されてる!(゜∀゜) さすが元祖『頭文字D』のスタジオコメット!
・・・たぶん、ロメオのチョイスは山本天志監督なのではないかと勝手に思っていたりするのですが・・・

Jt1108それにつけても、6話に続いての栗山田センセ脚本だったので、あかりパパさん釣り人設定が完全に確定ヽ(´ー`)ノ(部屋に飾ってある魚拓がリアル過ぎるwww) &会社の会長さんも釣り人だった・・・もしかしてハマさんスーさん設定ってコト??

来週も、割と人間界でのあかりの生活に寄ったお話みたいで、2クール目へ突入することもあって、そろそろ人間界にもフォーカスさせてゆく形になるのかしらん?? で、来週から夏服!夏私服は、今回着ていたもののマイナーチェンジっぽいですニャ。

Jt1106その次回は、あかりの「燃えよペン」(笑)。先週の『ハトプリ』と被りますなぁ(爆)。でも、あかりの「マンガ家になりたい!」は1話の頃から言ってたし、仕込みのタイミング的にもパクリじゃあないんですけどね。それでも破天荒でオオトモ・バカ受けだった『ハトプリ』18話と否応なく比較されちゃうだろうから、ちと不運ですニャ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

「もこちゃん」写真・春先コーデの巻[ドール写真だよ☆]

すっかり初夏の陽気ではありますが、もこタンたちの春コーデ写真をイロイロ。

P5152708
最初は「公園でアイスクリームを食べる之図」(笑)。
みみたんとみこタンは、アゾンやらママチャやらの服をイロイロとあわせての普段着コーデです。

P5142689tこちらは、みみたん単独のショット。
萌え絵に良くある(笑)、広角アングルで上に向かって手を広げてる構図でね〜。
新兵器の9-18mmレンズを利用して撮影して、それなりにパースを付けてますデス。

P5122523そして、みこタンの単独ショット。
みこタンのコーデは、スニーカー以外全部アゾンのアイテムで揃えました。
ベンチは、ワンフェスでの1/6ファニチャー・ディーラーさんで購入したものです。

P5162836_23枚目はちーたんともこタンの、なかよし姉妹シチュです。
もこタンがちーたんに手を繋いでもらうみたいな、甘えんぼさんシチュは、自分としては定番と言いますか、好みなパターンだったり(笑)。
二人のお洋服は、4月のドルショでえっくすきゅーとディーラーさんで買ったもの。
えっくすきゅーとファミリーは現在はオビツ21ボディの娘もいるので、このドレスは元々“姉妹でオソロ”というデザインコンセプトのものなんですね。
P5212882

P5283056そして、甘ロリドレスのみこタン。
1月のドルショでゲットした一番の大物ドレスでもあります!
こちらもピュアニーモ服なのですが、オビツ25ボディでも問題なくフィットします。

P5252935写真だとちょっと判りにくいですけど、実はエプロンドレス構造になっておりまして、イイカンジで幼い雰囲気を醸し出します。
厚底シューズだけはアゾン製です。

ふー、撮影自体は2週間くらい前にしてたんですが、ようやくカラコレ作業する時間が取れて、うp完了で御座います〜。

ちなみに、ちぃなぁ2は割と後半に申し込んだので、まだ到着してません〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »