« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月20日 (土)

『鬼太郎』DVDボックス、届いた

本日、5期『鬼太郎』のDVD-BOXが届きましたよ〜。
以前のエントリーでも書きましたが、BOXセットのディスク枚数と単品パッケージの巻数が一致しないわけなんですけど、デジパック2つのジャケ周りとかライナーの表1・表4に徹底的に使い回し配置することで、どうやら単品パッケージ全巻分のイラストを入れ込んである模様・・・単品パッケージのものと比較して確認しているわけではないので、ヌケがあるかも?ですけどね(苦笑)。
また、イラストはグラフィックデザインされる前のロゴも乗っていない素材状態での掲載なので、イラストギャラリー的な趣にもなってます。

さて、一番肝心のライナーなのですが、なんとカバー付きという凝った仕様になっている点に、まず驚き!(バスタープライス商品の割には、制作費予算はあったってことなのカモ??)
その内容も、個人的には大いに満足出来るものでしたヽ(´ー`)ノ
キャラ表をはじめとしたビジュアル要素は潔く割り切って、貝澤さんのインタビューと、櫻田P・貝澤さん・三条陸さんのメイン3氏&高山みなみさんの対談に大きくページを割いた構成が、非常に好感を持てましたヨ♪
特に、インタビューや対談ページの絵素材として、色々と貝澤メモが掲載されていたのが、なんといってもポイント高し!!!!!
公式的な出版物などで、これほど多くの貝澤メモが画像として一度に掲載されたのは、初めてなのではないかしらん??
・・・それにしても、「貝澤メモ」という言葉がある種公式名称として使われたのも、これが初かも知れないですね〜。
自分は割と意図的に「演出メモ」と一般名詞で表現してましたから。・・・別に貝澤さん以外でも、コンセンサスを取るための演出メモは割合と作る人は(少なくとも東映アニメの演出さんは)いますし。
ただ、貝澤さんが作成する演出メモは、とりわけ膨大なので──『鬼太郎』の演出メモも相当に分厚い!──「貝澤メモ」と、なにやら極秘文書か怪文書のような(笑)呼び方をされているワケですね。

公式ブログ「ゲゲゲかわら版」の出張ページがあったのも、ニヤリ。

またゲスト&セミレギュラー妖怪の紹介も登場話数順ではなくて、50音順の「Who's Who」仕様にしてある辺りも心憎いばかり☆
敢えて言わせてもらえば、レギュラー妖怪(いわゆる鬼太郎ファミリー)は、普通に色見本を使って表情集も載せたキャラ紹介の方が、嬉しかった佳奈? 世代のデザイン変遷を見せて行くというのも、それはそれで面白いとは思いましたが。

36p.のライナーというのは、拘ろうと思えばかなりのことが出来るものの、型通りにやってオシマイでも形になってしまうページ数なのですが、これはイイカンジに拘りが感じられて、満足感が大きかったです。・・・ライティングスタッフの記載がなかったので、知りたいところ。
後半ボックスには、その辺も明記して欲しいですヨ。

そんな訳で、キャラ表関係はほとんど載っていないので、キャラ表集みたいなライナーを期待している人にはションボリかも知れないですけど、ぶっちゃけヤfuok....(以下自粛)

そういえば、ネコ娘についても簡単なコラム扱いで、コス設定とかはこちらもほとんど載っていないので、そこに不満を持つ人もいるかも??
インタビューや対談でも、あんまり話題に上っていないし(笑)>ネコ娘
・・・やっぱり、ネコ娘はあくまで『鬼太郎』の一要素ですから、バランスとしては妥当かなとも思ったり(後半ボックスでネコ娘を大特集する可能性はありますけどね)。

つか、自分の作ったネコ娘本で貝澤さんには色々語って頂いたので、ネコ娘にあまりウエイトが割かれていない記事構成には、個人的には別に不満は感じなかったり(゜∀゜)(核爆)

てなカンジで♪ 上野さんのインタビューも含めて「なんたって!ネコむすめ」の内容とほとんど被ることなく(安堵w)、でも内容的に(自分が望む方向で)充実していたので、ホクホクで御座いますデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

『ひめチェン!おとぎちっくアイドル リルぷりっ』放送枠発表〜

世間では長峯達也さんの最新作『ハートキャッチプリキュア!』の神がかった出来映えに狂乱状態のようですが(いや、自分もデスケドネヽ(´ー`)ノ)、それを横目に眺めつつも、自分が一応2010年度で高い期待を持っているのがアニメ版『リルぷりっ』=『ひめチェン!おとぎちっくアイドル リルぷりっ』(長!)。

その放送枠が、公式サイトで発表されてました〜☆
テレビ東京系、日曜・朝9:00〜
現在は『フェアリーテイル』の再放送枠ですね。
この枠自体は、かなり昔からCXの東映アニメ枠をライバル視しすぎて死屍累々だったワケですが(ようやく一矢報いたのが『イナズマイレブン』だったんですけどね)、ようやく『プリキュア』から女の子の視聴者をそのまま、こちらへチャンネルを変えてもらおうという、真っ当な編成になる模様。
その意味では、良い枠のような気もしますね〜。

さて、後は制作会社がどこになるか??? という(でも一番の)問題が残っているわけですが・・・もちろん、スタッフもですけどね。

リンク: リルぷりっ ゆびぷるひめチェン! ☆公式ホームページ☆ アニメ.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »