« 積み残し『フルール』インプレ、5話 | トップページ | オリンピック誘致が成功したら・・・ »

2009年5月26日 (火)

新キャラ=アルプスの少女、チラリと登場!

本日二度目の『シュガーバニーズ フルール』のインプレ更新。
・・・ファンの間ではお馴染みのスタジオ・ルナの初担当回、6話のインプレです。

Sbf0610いよいよお庭に花の種や苗を植える段階となった。意気揚々と出掛けるバニーズたちだが、途中でカラスに襲われて大ピンチ。それを救ったのはカトリーヌであった。無事にお庭に到着してソフィアたちと合流し、種まきや苗を植える作業を始めた。だが、その種の中にももうさ・はなうさが大切にしまっていた、女王様からもらった特別な花の種が、偶然にも混じっていた。作業が始まり、みんな精を出すがフランソワーズが怪我をしてしまう。そこでソフィアたちは、彼女を監督にすることに決めた。ところが、フランソワーズはやたらに厳しく、みんな辟易してしまう。

Sbf0602実質的に、今回からが新キャラ登場編です。
もっとも、6話(次の7話もですが(^^;;)は顔見せ程度で、出番は数カットしかありません。ただ登場シーンは袋から飛び出た女王様の種が空を舞うカットで繋いだ上に、Sbf0604彼女は掌を太陽に翳しているポーズを取っていて、それに被せるように、その後のシーンでモネ先生も同じポーズを取るカットがあり、何らかの関係性を感じさせるような仕掛けになってますデス。・・・これが、新キャラが仲間になるという意味合いなのか、それともモネ先生と旧知であるという比喩なのかは、現時点では不明ですが。

6話のストーリー的な軸となるのは、種まきや苗の植え込み作業と、その際のフランソワーズの──成り行きとはいえ──威張り散らす態度への周囲の反感で、4話に続いてまたも“不協和音”というテーマが反復されます。
6話のシナリオが今シリーズのメインライター、影山由美さんと言うことを鑑みるに、どうやらこの友達同士故の仲違いも、『フルール』での重要なモチーフになっているとみても良いような気がします。
Sbf0612なので、シナリオ的にはフランソワーズのトゲトゲしい部分が割と強調されていて、下手をすると、ちょっと嫌な娘になりかねない(第1シリーズの2話のような雰囲気ですね)のを、演出で巧くコミカルな雰囲気を加えることで、マイルドに仕上げているのもミソ!
例えば、熊手をタクトのように振り回して、ソフィアたちに手厳しく指示を与えるシーンでのヒステリックなフランソワーズも、呑気な雰囲気のBGMや相手との間の取り方によってどことなくコント仕立てに見えるように工夫されていたり、Sbf0613そんなフランソワーズに嫌気が差し始めるソフィアたちを睨むように監視して「マジメにやって下さらない!」とナナメL/OでクイックPAN-UPするカットなどでの鬼軍曹ぶりも、エキセントリックなテイストになっていて愉快です。堪忍袋の緒が切れて、ピエールからたしなめられるシークエンスでの、Sbf0614ヨヨとマンガチックに泣き崩れる芝居も可愛らしくて、そこも巧いですね。
さらに、マルーヌが追い打ちをかけるところでは、フランソワーズが顔をマルーヌ(カメラ側)から背けることで、ここでガクンとシリアスさを加えるという案配も──不安な雰囲気を残して次回へ続くというストーリー構造からいっても──ナイス!

敢えて欲を言えば、ピエールに対してだけロコツに厳しくしない、みたいなノリにアレンジしてしまっても良かったかも? とも思ったりもしましたが(笑)。

Sbf0608前後しますが、フランソワーズが監督するきっかけとなる、バケツに脚を突っ込んで樹にオデコをぶつけるシーンでの、彼女の動きがもの凄くキュート&コミカルで(おそらく全原画と思います)、キャラクターへの愛情やこだわりを強く感じるものともなってます。
さらにももうさ・はなうさの提案で監督を引き受ける際の、陶酔しまくったカットも最高にケッサク!Sbf0615

・・・こうしたフランソワーズのマンガチックなテイストの芝居や感情の抑揚表現は、やはりスタジオ・ルナが担当した第1シリーズ13話「カトリーヌのバースデー」にちょっと通底する感じもあります。
こうしたセンスは、かしやま氏の持ち味なのかも知れません。

Sbf0601ところで、前半にバニーズたちが種をお庭まで運ぶシーンでは『フルール』初の歌が登場!
歌自体は新曲ではないですけれど、楽しげなシークエンスでの登場ということもありますし、盛り上がるカンジが出ますね〜〜〜〜☆

直前の、カラスとの戦い(?)と助太刀に入るカトリーヌのシーンも、ハラハラしつつも小動物らしいほほえましさもあって、そこもひとつの見せ場になっております。

Sbf0609それと、ちょっと細かいシーンではありますが、植え終わった苗や種に、モネ先生をまねて「フルール、フルール、フルール」と“念”(笑)を送るところも、もの凄く可愛くて──特にソフィアとフランソワーズが二人で声を合わせて唱えるところ!──、これは本作のタイトルも巧みに取り込んだ名場面です!

|

« 積み残し『フルール』インプレ、5話 | トップページ | オリンピック誘致が成功したら・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202830/45131287

この記事へのトラックバック一覧です: 新キャラ=アルプスの少女、チラリと登場!:

« 積み残し『フルール』インプレ、5話 | トップページ | オリンピック誘致が成功したら・・・ »