« 金曜日は総集編&食材情報編 | トップページ | 『フルール』放送直前スペシャル! パート2 DVD特典編エピソードのインプレ »

2009年4月 4日 (土)

『フルール』放送直前スペシャル! 『ショコラ』25話26話のインプレ

Sbc2507って、よーするにオンエア時に積み残してあった、『ショコラ』ラスト2話分のインプレということで御座います(^^;;

しろうさ・くろうさたちがバニーズフィールドへ戻る日の前日。しろうさ・くろうさは、ソフィアたちとのお別れパーティに出席して欲しいと言って女王様を人間界へ呼んだ。快諾した女王様を、会場となる秘密の泉の森へと案内すると、ソフィアたちが出迎えた。飾り付けや料理など、みんなソフィアたちの手作りと聞き、女王様は感心する。しかし、このパーティの本当の目的は、たびうさ・かぜうさと女王様を引き合わせて、仲直りさせることだった。タイミングを見計らって、姿を見せたかぜうさ・たびうさに対し、女王様は・・・。

Sbc2502というのが25話のストーリーで、22話から続いたたびうさ・かぜうさ編の、実質的な完結編です。
秘密の泉の森や、パーティ会場のメインとなっているチョコファウンテンなど、場所やアイテムからシリーズを締めくくる匂いを出しているのも、隠れたポイントですね〜。

Sbc2505話のメインとなるのは、パーティ会場で突如豹変したかのように、ワガママ放題にたびうさ・かぜうさに難題をふっかける女王様と、それに対して笑顔で応じ、テキパキとこなしてゆくたびうさ・かぜうさというシチュエーションで、それをちょっとコミカルな感じで描いてゆきます。──特に、女王様が眠くなったといった途端、パンダうさ・こむぎうさのグースカコンビ(笑)も、アクビをしてしまい、たびうさ・かぜうさが用意したハンモックに率先して寝に行こうとする辺りがケッサク。

また、女王様の真意が最後にどんでん返し的に(見ている側にも)明らかになるように、おそらくシナリオ段階から、傍若無人な、違って意味での女王様wっぽい雰囲気で、たびうさ・かぜうさにアレコレ要求を突きつける形になっています・・・でも、女王様はビミョーに楽しんでいるっぽい感じもあったりなかったり?(笑)

Sbc2506そのあまりの非道さに、流石のソフィアも文句を言おうとしてしまうほど。
そこを、ディーヤさんがサラリと女王様の考えを代弁するのですが、流石『シュガーバニーズ』最大の伏線キャラといったところですね〜(笑)。

以前なら、短気を起していたであろうたびうさ・かぜうさが、女王様を満足させたいという一新で、満面の笑顔をみせながら、むちゃぶりをクリアしてゆくワケで、これ自体が二人の成長ぶりを確認するための、女王様なりのテストだったというコトなのですが、実は『ショコラ』においては、料理の心として、単に味だけでなく、見た目や雰囲気でも食べる人を楽しませるとか、お持てなしの気持ちであると言った要素が重要であると、端々で組み込まれていたので、その点で、このたびうさ・かぜうさの態度というのは、まさに『ショコラ』のテーマそのもののへの回答なのではないかと思います。

だからこそ、女王様が言うたびうさ・かぜうさの“大切なもの”が、他人を楽しませる気持ちなのでしょう。

Sbc2508ラストは、みんなで楽しくパーティするシーンで締めくくるのですが、ニコラとソフィアはしっかりツーショットだったりします。・・・なので、出来たらフランソワーズもピエールと一緒にチョコフォンデュを食べるカットが欲しかったです。Sbc2509まぁその分、単独ショットではあるので、それはそれで男性ファン目線としてはヨイわけですし(苦笑)、引きのカットでは、ちゃ〜んとフランソワーズ、ピエール、マルーヌの並びにはなっているんですけど、でもせっかくですからね〜〜。

細かいところでは、ディーヤさんのスピード狂的なところ(笑)が、再びプッシュされておりまして、愛車のクラシックスポーツカーを運転するシーンでは、「アウトバーンでも安全運転を心がけております」などといった、小さい子にはおそらく「???」な遊びセリフも飛び出します。しかも、そのセリフの後にアクセルを踏み込んでいるというトコロもミソw・・・つまり、ディーヤさんはよくアウトバーンを走っているってことでOK??ヽ(´ー`)ノ

Sbc2604続いてオンエア時の最終エピソード、26話です。

いよいよ、バニーズたちが人間界を去る日がやってきた。ソフィアはしろうさ・くろうさのために、手作りのリュックサックをプレゼントした。リュックをもらった二人は、それを見て荷物整理をしていなかったことを思い出し、大あわてで荷造りを開始した。だが、思い出の品が多すぎてリュックはパンパン。Sbc2602そうこうするうちに、他のバニーズたちがソフィアの家に集まってきた。みんな、それぞれのパートナーがプレゼントしてくれたトランクやカートに荷物を目一杯詰め込んでおり、相当な量である。女王様が現れ、別れの時がやってきた。ところが、女王様はしろうさ・くろうさたちの荷物を見て、多すぎるから置いて行けと告げるのだった。だがバニーズたちは、とうていそれを受け入れられるはずもなく・・・。

Sbc2601オンエア時に見た時は、きっちり別離を描いた第1シリーズの26話と比べると、正直ちょっとラストとしては弱い感じもあったのですが、改めて見直してみると、どうしてどうして。もう、冒頭のリュックを手縫いするソフィアのカットで、まずちょっと涙腺を刺激されますし(&針を刺してしまった指を舐める仕草も、タマリマセン(*´Д`))。

Sbc2605_2押っ取り刀で荷物整理を始めるバニーズたちのコミカルな描写が、意外とメリハリにもなっているし、ソフィアのリュックだけでなく、それぞれのパートナーの個性や関係性を見事に反映したトランクやカート類も、楽しい上にグッと来てしまう、非常に上手い見せ方です。しかも、みんなちょっとばかり自慢げなのも、愉快でカワユイ限りデスヨ☆

Sbc2606この大荷物をみて、女王様はまたも(?)無慈悲に荷物を減らせと厳命するのに対して、バニーズたちは必死になって、どの荷物も必要なものばかりだと必死に訴える様が、これまたしんみりとさせます。

その最中に、シャルロットが乱入してきて、空気も読まずにSbc2607(でも、それがシャルロットらしいんですけどね♪)彼女なりのおみやげをプレゼントしようとする、コミカルなシークエンスが入ります。これがラストのシャルロットの見せ場でもあるわけです。
初見では若干微妙にストーリー上の感情線がぶれるような印象があったのですが、改めてみると、これもシャルロットなりのバニーズたちへの想いの顕れで、当然『ショコラ』でのシャルロットお当番回である5話を引っ張ったものでもあるので、笑って泣けるみたいな、人情喜劇的味わいがありますデス。

その訴えを聞き終えると、25話同様のしたり顔で(同じように一旦とじ目になって話をするという演技付けが細かいです)、荷物が減るまでバニーズフィールドへ戻ることまかり成らん! と宣言してとっとと帰ってしまう、そんな大岡裁き的な粋な計らいに、見ている側も思わずニヤリ。

Sbc2609その真意がすぐには判らず、ソフィアやしろうさ・くろうさたちが愕然としていると、ディーヤさんが含み笑いをしたことで、女王様の計らいに気がつく、こちらも25話と同じくディーヤさんが美味しいところを持ってゆきます。

Sbc2610そういう具合で、『ショコラ』26話は大団円というワケではないのですが、これからもソフィアたちとバニーズたちは仲良く暮らしていきます、といった雰囲気を強く打ち出した、爽やかなハッピーエンドで幕を閉じます。
お馴染みのフレーズ「きっとうまくいくよ」を、バニーズフィールドから見守るように女王様が言うのも、ソフィアたちとバニーズたちの友情を祝福しているかのようで、心が温まります。

ラストカットは、第1シリーズと同様に、『ショコラ』の絵本が閉じられるというもので、この合わせ具合も気が利いてますよね。

また、エピソード終わりでのアイキャッチも、今回は女王様が登場しており、これもシリーズの締めくくりを感じさせてますデス。

ところで、22話以降ニコラのパートナーに近い感じで描かれたたびうさ・かぜうさは、26話でバニーズフィールドへの帰還が叶ってしまったワケで、『フルール』でもまたパートナーのバニーズ無しということになるのでしょうか??
また、新キャラとなるモネ先生やアルプスの少女(!)と、バニーズたちとの出会い(正体バレ)は、どんな風に描かれるのか? パートナーの新バニーズとかも登場したりするのかどうか?? などなど、久しぶりに『シュガーバニーズ』を見たら、そうした新シリーズへの期待も膨らんできましたよ!!!

|

« 金曜日は総集編&食材情報編 | トップページ | 『フルール』放送直前スペシャル! パート2 DVD特典編エピソードのインプレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202830/44566267

この記事へのトラックバック一覧です: 『フルール』放送直前スペシャル! 『ショコラ』25話26話のインプレ:

« 金曜日は総集編&食材情報編 | トップページ | 『フルール』放送直前スペシャル! パート2 DVD特典編エピソードのインプレ »