« 嗚呼、『鬼太郎』も終了...orz | トップページ | まさかの2日連続! »

2009年2月11日 (水)

ようやく、カネトモ地獄(笑)@『鬼太郎』を見ました

予告編から登場してインパクトを与えまくっていた(笑)カネトモ嬢降臨の92話。
ようやく見まして、そのインプレで御座います。

静岡沖で暮らす浪小僧は、邪悪な海の妖怪・猛霊八惨を倒す僧侶妖怪・岩魚坊主の姿を見て感激した。岩魚坊主はちょうど目玉おやじを訪ねに行く途中で、浪小僧は弟子になりたいと鬼太郎の家まで押しかけてきた。弟子は取らない主義の岩魚坊主はけんもほろろだが、目玉おやじに説得され、とりあえず自分の寺に住まわせることにした。だがまだ幼い浪小僧の未熟な言動に、短気な岩魚坊主は気が休まらない。それでも修行をしたいと言う浪小僧。実は浪小僧の両親は猛霊八惨と戦って殺され、その仇を討ちたい一心だったのだ。果たして浪小僧は、ある程度の実力を付けることが出来、岩魚坊主も彼に情を移しはじめていた。そんな矢先、浪小僧は境内に封印してあった悪霊たちを逃がしてしまう。岩魚坊主は理由も訊かず激怒すると、浪小僧に破門を言い渡してしまった。

5期『鬼太郎』へのカネトモ嬢のゲストは、これが初めてでしたが、貝澤さんのSD作品とは『デジモンテイマーズ』『伝心まもって守護月天!』や『貧乏姉妹物語』と、意外と縁があったりします。

Neko9202そんなカネトモ嬢をメインのゲスト妖怪・浪小僧にキャストしての92話は、予想通りというか予想以上にカネトモ地獄(笑)。
シナリオ段階からかどうかは不明ですが、浪小僧の台詞は何からなにまで舌足らずの幼児発音ヽ(´ー`)ノ
子供等身ながら、デザイン的にはもろに半漁人の浪小僧なのに、声だけで犯罪的にカワユスでメロメロリンですよ☆

ストーリー的には、完全に浪小僧のがんばりや成長に焦点が定められていて、それに対して次第に心を開いてゆく岩魚坊主という、人情喜劇でよくある頑固親父と無邪気な子供のふれあい話。目玉おやじの台詞にもありますが、せっかちな川魚の妖怪とおおらかな海に住む妖怪が上手くやっていけるのか? は、そうしたメタファーとして非常に旨い対比のさせ方でもあります。
こうした、ある種基本とも言えるお話を、きちんとホロリとさせたり笑わせたりしつつ描いてゆく辺りが、シナリオ面にしても演出面にしても見事です。

ですから、猛霊八惨とのバトルシーンもいつもは鬼太郎が大ピンチに陥ってから逆転となるのが定番ですが、浪小僧が1人で立ち向かってピンチに陥るところに、岩魚坊主と鬼太郎たちが助けに入るという流れになっています(その後、猛霊八惨の妖怪水車に鬼太郎が押されるわけですが、コンテ上の感情線は浪小僧の視点に則っているので、鬼太郎の窮地感は高くありません)。

演出は角銅博之氏ですが、『鬼太郎』でお馴染みの角銅氏らしい身の毛のよだつ見せ方は今回は抑えられており、修行をはじめたばかりの浪小僧のドジっぷりに怒りながらも憎みきれない岩魚坊主の人間くささ──坊主であるのに達観していない、というシナリオ的な設定も巧みで、それを活かしての浪小僧とのコミカルなやりとりもポイント高いです。

Neko9203また浪小僧が岩魚坊主と次第に仲良くなって行くシーン(浪小僧が岩魚坊主の肩を叩いたり、布団に潜り込んできたりするトコロですネ)での、心が温まる空気感の作り方などは、ちょっとホームドラマを見ているかのようでもあり、全体を通してこの一連の描写が一番強く印象に残るようメリハリが付けられてもいます。

Neko9201そんな具合なので、ネコ娘的な活躍どころというのはあまりありません。成り行きで修行につき合わされて座禅を組んだりする程度・・・バトルシーンでもアマビエたちと“観戦”ですからね〜(苦笑)。
そういえば、このところ角銅演出回も劇中で日付が変わるとネコ娘の私服も変えていましたが、今回は劇中で3度(修行中は除く)日付が変わったにも拘わらず、ずっとトレーナー&ショートパンツ姿で通してましたね。

|

« 嗚呼、『鬼太郎』も終了...orz | トップページ | まさかの2日連続! »

コメント

 しかし、岩魚坊主が岩魚食って良いんでしょうか(共食い・・・)coldsweats01
 
 そーいやテレビ終了の最終引き金?となった映画版は、興収4億強だったとか。
確かに正月映画でこれは厳しいか。でも時間帯変更とかで続けて欲しかったなぁ。

投稿: 宅川剛 | 2009年2月12日 (木) 11時46分

宅川さん・・・
>しかし、岩魚坊主が岩魚食って良いんでしょうか
それは、自分も思いました(笑)・・・吉田玲子さんの脚本なので、その視聴者からのツッコミも織り込み済みなのでは? とも思ったりヽ(´ー`)ノ

映画の興行成績は、鬼太郎の場合制作費だけでなくかなり宣伝費的なところもかけてましたし、公開館数もそこそこ多かったですし、「ゴーオンVSゲキレン」が3億近く行ってるらしいとの話も聞くと、4億ではやっぱりきつかった感じなんでしょうね〜。

まぁ、プリンスホテルがアイスホッケー部を廃部せざるを得ないなんていうご時世ですから、短期的に収入を見込めないものはパージ対象になってしまうのでしょうcrying

投稿: ぽろり春草 | 2009年2月12日 (木) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202830/44032788

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく、カネトモ地獄(笑)@『鬼太郎』を見ました:

« 嗚呼、『鬼太郎』も終了...orz | トップページ | まさかの2日連続! »