« ザンビア☆寒中水泳ヽ(´ー`)ノ | トップページ | TOYフォーラム2009 »

2009年1月13日 (火)

年忘れだヨ!地獄横断ウルトラクイズ

積み残しインプレその3。88話の分でございます。

閻魔大王は、全国の妖怪たちに地獄のことをもっときちんと理解してもらいたいと考え、十三王と協議した結果、「地獄一クイズ大会」を開催することにした。閻魔大王の鶴の一声に、鬼太郎や横丁の住人たちだけでなく、全国つづうらうらの妖怪たちが地獄へとやって来た。といっても、みんな半分嫌々でテンションはあがらない。クイズの優勝賞品が地獄の宝であると聞き、妖怪たちはようやくその気になって大会に参加。地獄を巡りながらのクイズは、答え自体は簡単なのだが、答えるために罰ゲームさながらのゲームをクリアしなくてはならず、鬼太郎たちは大苦戦。そんな中、鬼太郎は何度となく命の危険を感じる。参加者の中に鬼太郎を倒そうと考えている妖怪がいるのだ。

Neko8804タイミング的に、クリスマス(冬休み)直前ということもあってか、お話自体はコミカルで肩の凝らない──むしろバラエティ番組感覚の──娯楽編。
まんま『ウルトラクイズ』(笑)な、地獄横断クイズ大会ですが、その名称である「地獄一クイズ大会」も明らかに「天下一武道会」のパロディですし、これまでは怖さや渋さで売ってきた閻魔大王のミョーにおちゃめな感じといい、いかにも吉田玲子脚本回らしいテイストに溢れております。

Neko8802なので、各クイズポイントで解凍権を得るためのゲームも、かき氷早食いや、針の糸通し、果ては逆さ吊りでダジャレという激烈に破天荒なものばかり(笑)。
また、各地点で得々とこれらのゲームのルールを説明する慈恩王・祗園王・五道転輪王に対して、きっちりとツッコミを入れまくるかわうそが、いかにもらしくてグー!
しかも、ナンダカンダでかわうそとアマビエが、ある種ペアになってクイズを勝ち抜いてゆくのもポイント高し。また針山地獄を見て「ツンツンしてるね」というアマビエに「お前みたいだな」とぼそりというかわうそへ「アタイにはデレもあるよ!」と切り返すアマビエタン、ハァハァ(*´Д`)Neko8801

こんな二人のやりとりが、端々に組み込まれていて、コメディリリーフとしてのアマビエ&かわうそコンビの人気の高さを感じさせてくれますヨ。

年末に近い娯楽編というコンセプトからか、25話で登場した視聴者デザインによるオリジナル妖怪たちが(またもモブ扱いですけど(汗))登場しており、また雨降らしや死神のように以前に登場した善玉ゲスト妖怪の姿もチラホラと散見されます。

一応、話に必要なバトル要素として、44話での恨みを晴らそうと、あまのじゃくと手の目がクイズのゲームに乗じて鬼太郎を抹殺しようと目論む形にはなっているのですが、話の全体的な流れとしては、これは“おまけ”的な要素に過ぎません。あくまでも、地獄巡りクイズにすったもんだする鬼太郎たちを、面白おかしく描いていこうというお話なので、あまのじゃくと手の目は鬼太郎に倒されるという展開ではなく、『ヤッターマン』よろしくラストに閻魔大王に釜ゆでの刑で“お仕置き”されるギャグっぽいノリになっております。

前回(87話)とは一転しての、ライトでアホっぽい内容という振れ幅の広さも『鬼太郎』という作品全体としての魅力ですね。

Neko8805今回のネコ娘は、もちろんクイズの参加者として、鬼太郎とともに奮戦! 基本的に個人戦ということもあり、各ポイントごとにきちんとネコ娘の出番(見せ場というほどではないですが(苦笑))が用意されていて、ネコ娘ファンとしても満足満足♪
シリーズで初めて、夏用としてデザインされた服を秋冬で着用していたのも、チェックポイントですね。

Neko8803それから、細かいところではありますが、クイズに参加する際に黒鴉が、チラリとネコ娘の方に目をやるというカットがあって、特に台詞はないのですが、彼自身としては明らかに天狗ポリスの名誉や威信のためよりも、ネコ娘にイイトコロを見せたい気持ちの方が強い感じが現れていたのも、ゲイコマで良かったですよ〜。

|

« ザンビア☆寒中水泳ヽ(´ー`)ノ | トップページ | TOYフォーラム2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202830/43729417

この記事へのトラックバック一覧です: 年忘れだヨ!地獄横断ウルトラクイズ:

« ザンビア☆寒中水泳ヽ(´ー`)ノ | トップページ | TOYフォーラム2009 »