« 未確認生命体第79号ツ・チノ・コ | トップページ | やったぞ、アジア1! »

2008年11月16日 (日)

『ハゥハゥハゥのアマビエ太郎』

Neko8206一週間のご無沙汰でした(苦笑)。ようやく仕事が一段落したので『鬼太郎』82話のインプレだけでも・・・というトコロでございます。年内いっぱいは、こんな体たらくの状態が続いてしまうと思われますデス。スミマセン(陳謝)

さてさて『鬼太郎』81話は、久しぶりにアマビエタンが主役のお話♪
個人的にアマビエは、ろく子さんよりも上位の序列に位置している萌え系妖怪なので、嬉しい限り。

今年の妖怪横町の慰安旅行が中止になってしまった。旅行先を予定していた青森の温泉が枯渇したのが原因だった。アマビエは、かわうそやネコ娘を引き連れて青森へ原因調査に乗り出した。温泉を元に戻して、横町の面々から人気を得られれば四十七士になれると勘違いしているのだ。Neko8204アマビエの予感では、原因が妖怪の仕業であるらしく、一応鬼太郎も同行。アマビエの予感は的中し、水が枯れた原因は水をないがしろにしている人間たちに怒る、妖怪・赤舌の仕業であった。説得する間もなく、鬼太郎やネコ娘は赤舌の妖力で石像にされてしまった。さらに赤舌は人間の街へ現れ、人々を石像化してゆく。

と、いう感じの話の流れで、頼りの鬼太郎がいない中でアマビエがどうがんばってゆくのか? が今回の見どころとなっております。Neko8201──こういう展開となれば、ここ最近のお約束で、クライマックスでは当然アマビエが四十七士に覚醒するテンプレ状態ではあるわけですが(爆)、ねずみ男とは違った意味で懲りない、ちょけたキャラ性できちんと押し通す(四十七士に選ばれて、ノリノリになってしまう)ので、妙に安っぽい感じはありません。・・・そういう点では、呼子が四十七士に覚醒する回は、呼子自身のキャラ性で損をしてしまったのかもしれません(苦笑)。

Neko8209そんな具合で、冒頭の油すましに対して対抗意識を燃やしまくるアマビエのモーレツなギャグ顔もゆかいですし、アマビエらしい(笑)“情けは人のためならず”的な温泉調査の動機──自分の人気を持ち上げるためと、堂々と宣言してしまう子供っぽい感じもカワユイわけです(*´Д`)──といいNeko8208(もっともクライマックスでは、それよりも横町の人たちに喜んでもらいたかったことの方が大きかったと漏らすわけですが、これも実はアマビエのモノローグ状態でのセリフになっている点も上手いわけです)、その際のホームズ風の探偵スタイルもグー♪

しかしながら、話の展開自体は意外とシリアスで、鬼太郎が石像化されてしまった後のアマビエは、思いのほか真摯に赤舌と対峙します。そうした中で、要所要所をアマビエらしい、ちょっとズッコケた見せ方(例えば、赤舌を止めるために仲間たちとはせ参じた油すましをみて、点数稼ぎとか言って罵ってしまったり、霊毛ちゃんちゃんことリモコン下駄を持って「ハゥハゥハゥのアマビエ太郎だよ〜〜」とポーズを取ったりする辺りが好例)で、上手く緩急を付けている感じがあります。
Neko8207また、それに合わせてアマビエの表情づけも結構ギャグ的といいますか、オーバーでマンガチックな顔つきになっているので、ストーリーの内容ほど重い感じがしない演出となっているのもポイントです。ここが、くびれ鬼の回の時と大きく違う点でもあり、おそらくこの差が今回の土田豊氏とくびれ鬼の回の担当演出だった畑野森生氏とのバランス感覚(特徴)の違いなのではないかと・・・。

この回はアマビエが赤舌に単身挑むシーンと、鬼太郎が復活してアマビエと協力して赤舌を退治するシーンとの、ダブルクライマックスになっているわけですが、やはり見せ場としてはアマビエが赤舌に単身挑むシーンの方でしょう。
今回もですが、出来れば恐いことは避けて通りたいという、割合とヘタレでへっぴり腰なアマビエが、リモコン下駄潮に先導されつつも、勇気を振り絞るという感情の動きもイイカンジ。
また吹きだけを頼りに、赤舌と戦うわけですが、基本的に赤舌の言い分も理解出来るだけに、あくまでもまずは説得という段取りもポイントが高いですね。
Neko8202それでも応じない赤舌に対して、アマビエが「このバカチンがー!」と一喝するわけですが、この回では、前半で鬼太郎を騙して赤舌の罠に陥れたねずみ男にもこのセリフを言っており、彼女が本当に怒った時だけに言うのだという、感情の沸点の演出としても機能しているところがゲイコマな感じです(演出とは言いましたが、コンテで調整したものではなくシナリオ段階での演出かもしれませんが)。

またバトルでのクライマックスで、アマビエの噴いた塩水が赤舌の体内に流れる純水を変質させて、通電するようになるといったサイエンスな戦い方も上手かったです。

さらに赤舌を殺してしまうわけではなく、きちんと説得してなおかつ彼の言い分も認め、これ以上人間が水を粗末にするようであれば「その時は(人間に牙をむけることを)止めはしない」とサラリと鬼太郎が言ってのけるのも5期『鬼太郎』らしい感じがあってナイス!

Neko8210四十七士覚醒回でお馴染みの妖怪マップでも、ラストカットでアマビエが「ブイっ!」とVサインを出して終わる形になっていて、そこもGJ☆

Neko8205さてさて、今回の我らがネコ娘は、3つ目の新秋服で登場♪ 新夏服でもあったショートパンツ&ニーソの秋服版といった感じですね〜〜。
しかしながら、それ以上にエポックだったのが温泉での水着ですよ!!!!

Neko8203デザインは、グアム編でも使われた23話の没デザインのものですが、今回はきちんと全身が描かれていたので、満足度高し☆
ネコ娘「水着持ってきていて良かった〜」かわうそ「普通は持ってこないけどな」という取って付けたような(笑)やりとりからすると、もしかしたらシナリオでは水着シーンはなかったのかも??(゜∀゜)

|

« 未確認生命体第79号ツ・チノ・コ | トップページ | やったぞ、アジア1! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202830/43127641

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハゥハゥハゥのアマビエ太郎』:

« 未確認生命体第79号ツ・チノ・コ | トップページ | やったぞ、アジア1! »