« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

シュガーバニーズ ショコラ!

『明日のナージャ』ローズマリー担当だった(笑)影山由美さんと、『ふしぎ遊戯』を彷彿とさせるネガティブヒロイン路線が見え隠れする浦沢義雄氏のイカしたシナリオによって、エミリーとリンダの骨肉の争いの様相を呈しはじめた(笑)『パラレルタウン』・・・今週の「友達じゃなかった」とリンダに言ってしまうエミリーといい、ある種の自己嫌悪の延長から友達など一人もいないと感情を爆発させるリンダといい、シリアス&激烈にドロドロした展開で、なかなかタマラヌものがアリますデスヽ(´ー`)ノ

てなカンジで♪ クライマックスに突入しつつある『りんごの森とパラレルタウン』──時間的な都合から、すっかりインプレは出来なくなってしまって猛省!──ですが、後枠というか後作品として既にアナウンスされている『シュガーバニーズ』の第2期シリーズは、『シュガーバニーズ ショコラ!』というタイトルのようです。

ソースは、『シュガーバニーズ』第1シリーズ・『パラレルタウン』とも演出・作画をまる受けしているスタジオルナのスタッフBlog2/27
これによれば、監督も釘宮洋氏がそのまま担当する模様で、この『シュガーバニーズ』『パラレルタウン』の各話スタッフの中でも屈指のクオリティを見せてくれるスタジオルナの初登板は5話からとのこと。

まぁ、一番気になるのはソフィアやフランソワーズといった第1シリーズでのお馴染みの面々が再登場してくれるのかどうか(つまりDVD収録の27話の続きとなるのか?)ではあるのですが・・・(^^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

もこ、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ

P2270535日曜日にうさもこ2をお迎えしたばかりではありますが、甘ロリもこが今さっき我が家にやってきましたよ!!!!!!!!!
というわけで、パッケージ状態のお写真をば・・・

あ〜〜〜、それにしてもこんな短期間にもこちゃんが3人も(正規ルートでw)やって来るなんて、もう二度とないだろうナァ〜〜〜ヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

ワンフェスでクレカ!

Wf0502昨日はワンフェスでして、自分は寺参加だつたので早朝から閉会までビッグサイトにおりました。
・・・なので、うららんが激烈新必殺技を披露したとのウワサの『プリ5GoGo』4話も、ザンビアタンが再臨したらしい『鬼太郎』46話もまだ見ておりませんデス。

今回のお目当てというか、最大目標は、もちろんうさもこ2のお迎えと、先行発売となるOMM25の入手です。
開場して、まずはママチャへ。しかし購入券配布は10時20分からとのことで、待機列が形成されはじめる前にオビツへ戻り、OMM25のナチュラルSバストを無事2体購入。
さらに近隣のドールディーラーさん「アストロ商店」で虹原いんくの制服や新作のエプロンドレスをゲト。
そうこうしているうちに、うさもこ2の待機列が形成されはじめたので自分もそこに加わることに・・・と、そこでもこ好きの知り合いの元編集さんとバッタリヽ(´ー`)ノ 互いに近況なり情報なりを交換したり。そして無事にうさもこ2の購入券を確保!
でも予想を裏切り、列がとぎれた後も購入券の配布は続けられ、久しぶりにちょっとまったりしたママチャのブースを見ました(笑)。でも、結局25分後くらいには終わっちゃいましたけどね。
ただ、この状況を見ると、ドルショと含めて相当数の数を量産したのではないでしょうか?

Wf0800とはいえ、ドール業界では大ブレイク&注目度ナンバー1と言われるママチャともこちゃんですが、おもちゃやフィギュア関係全体から見ると、まだまだ“知る人ぞ知る存在”なんだなぁ〜〜というのも実感しました。

で、Cブロックに点在しているドール系ディーラーを見て回った後、一旦自分のブースに戻り、引き替え開始時間を待つ間、友人が購入してきたフィグマこなたんをいじらせてもらいました。
固定用のエグイホゾ穴はやっぱり納得出来ないけれど、ボディバランスも可動範囲や関節保持力なども、フロイラインよりもやはりヨカです。
あきら様が出ることになったら、絶対買ってしまいそうヽ(´ー`)ノ

ブースの前を知人のマンガ家さんとそのお連れの方が通りかかったのでちょっと話をすると、お連れの方はもこちゃんに興味があって欲しそうな雰囲気なんですが、「圧倒的に生産数が少ない/購入方法がイマイチよくわからない」ために、今日もはなから諦めていたような感じで、もこちゃんはある種“都市伝説”と化しているのかも?(゜∀゜) とか。
でも実際、自分がもこタン(ようちえんもこ)をお迎えした頃よりも、お写真を取ってくれる方々はほとんどもこちゃんというドールは知っている風なので、認知度は確実に上がっている気もします。

そうこうしているうちに、引き替え時間が近づいてきたので、それのついでに企業スペースのメガハウスとアゾンへと足を伸ばしてみました。
キュアルージュの原型は、グッと精悍な感じで、これまたネ申の領域かも。プリ5AFCの展示は、キャラクターショウを模したものなっていて、そこもGJ(でも写真を取り忘れた(;´Д`))
一緒にサンプル展示されていたサンクルミエールの制服も、イイネ〜〜♪ 型紙とか言わないで、変身前ヘッドを作って、一緒に販売して欲しいですよ〜〜。
それにつけても、制服についていた手首が、指さし手首になっており、これはいずれOMM25用のオプションハンドとして販売されることを示唆しているのか? というのも気になりました。
・・・ちなみにOMM25の手首のサイズは23cmとほぼ同じなので、もし一般に販売されることになれば、もこちゃんにも問題なくつけることが出来るわけです。なのでオビツさん、ぜひ量産&販売をお願いしますよ〜〜!>OMM25オプションハンド

てなことを思いつつ、アゾンへ。
目的は、朝入手したOMM25にフィットするはずのピュアニーモ用のお洋服の購入。なんと、アゾンではクレカ精算が出来ると張り紙が! お陰で所持金予算とは無関係に、いろいろとピュアニーモ用ドレスを購入することが出来たデス!
ビバ、クレカ! ビバ、IT革命! ビバ、科学の力!
・・・実際、自分以外でもクレカ精算している人が結構いて、ワンフェスみたいにアイテム単価のデカイイベントでは、現実に重宝されているようです>クレカ精算

そして、うさもこ2を引き替えて、ドールスタンドも購入しようと思ったら、今日はママチャはドールスタンドを持ってきてなかったヨ...orz・・・これが今回最大の誤算カモ?

午後は恒例の、スーパーカメラ小僧タイム!ヽ(´ー`)ノWf0801
ネコ娘のフィギュアをそれなりに探してみましたが、何カ所かあったものの、結局「猫の小判」さんの以外は・・・てな感じ??

Wf0803カッチョイイ、ガルビオンもあったので、そちらもパチリ。

で、気がつけばナンダカンダであきら様のフィギュアばかり撮影しておりました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

キャッスルフェア

昨日、リカちゃんキャッスルの出張イベント「キャッスルフェア東京」へと行ってきました。
先月のドルショでは予算オーバーで見送った、ナース服と苺柄のワンピをゲト。・・・このお写真はまたいずれ。

で、驚いたのはタカラトミーの『Kawaii! JeNny』の本気具合。
この日はシスターB・ドールの発売日でもあって、会場の一番メインというか目立つ場所に『Kawaii! JeNny』関連のコーナーが出来ているわけですよ。もちろんモニタ(あまり大きいサイズではないけど)も設置されててDVDも流しているし、DVDのチラシも置かれております。
・・・が、アキバというロケーションであるにも拘わらず、ちょっと閑古鳥気味(;´Д`)

いかにリカちゃん(ドール系)ユーザーと、『Kawaii! JeNny』のコアユーザーと思われるオオトモ諸氏とが被らないかということ──オオトモのみなさんは、アキバで『JeNny』の即売イベントがあるなんて知らないでしょうし──と、タカラトミーが『JeNny』を売ろうとしているターゲットを明らかに見誤っていることを、再認識しましたよ。
どう考えてもメインストリームの(本来的な)リカちゃんやジェニーファンが『JeNny』のドールを喜んで買うとはやっぱり思えないワケですよ。そもそも6300円という値段は、そうしたユーザー的には絶対高いと思える価格でしょうし。

むしろ、明日のワンフェスでプロモーション&即売した方が、絶対に効果的だと思うんだけどナァ。男玩では『ボトムズ』関連で、ワンフェスでプロモをしたこともあったくらいですからね〜。
・・・男玩部門と女玩部門との縦割り感丸出しDEATHナ(トホホ)。
そんなタカラトミーの本気の空回りをも感じさせるものもあったりして(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

“ふるつばきのさく頃に怪”もしくは“メイド大家族”(笑)

Neko4502_1今やスーパーブンビータイム(笑)となった日アサ東映アニメ。
その後半の『鬼太郎』ですが、今週は真倉翔氏の二度目の登板となる、5期『鬼太郎』ならではの、メイド喫茶が登場する萌え要素たっぷりのエピソードです。

妖怪ポストに届いた手紙から、ねずみ男行きつけのメイド喫茶の調査に訪れた鬼太郎と目玉おやじ。だがねずみ男はいつもの調子だし、目玉おやじもどこか物見遊山のノリ。メイド姿の女の子達の過剰なサービスに照れまくる鬼太郎は、僅かな妖気を感じつつも出直すことにした。その姿をネコ娘に目撃され、横丁でハゲシク追求を受ける鬼太郎だったが、そこへ虫に姿を変えられたねずみ男が現れ、メイド喫茶が妖木・古椿のいわば隠れ蓑だったと知る。メイド喫茶の蕾という女の子に接近する鬼太郎だが、心優しい彼女に戸惑うのだった。

まずは34話以来の、ネコ娘がアバンのストーリーテラー役で登場。明らかに秋葉原っぽい雰囲気のBGで、世間的にもアキバ=萌えの聖地というのが浸透しているようで。
で、いきなりネコ娘がメイド喫茶の看板を見て、セクシー系のメイド服姿の自分を妄想しちゃうあたり、のっけからサービス・サービスぅ♪ しかも、40話で披露したメイド服とはまったく別物で、こうした遊び心と芸の細かさもイイカンジです。
続けて畳み掛けるように(笑)アバンでは鬼太郎がメイド喫茶を体験するシーンが続き(アバン尺は3分近くある上、サブタイトルもOPより先に持って来るという、フォーマット崩しもニヤリ)、絵面としては、ものの見事に『もえがく★5』ヽ(´ー`)ノ

絶対に『名探偵コナン』を意識しているであろう、目玉おやじによる鬼太郎の影ナレ(笑)もケッサク。相当に歯の浮くようなキザなセリフを連発するのも面白すぎ(笑)。

Neko4506しかし、なんと言っても、メインゲストの蕾のネコニャンポーズでの「萌え萌えつぼみがまぜまぜしちゃうぞ♪ ラブラブ、ラブラブ美味しくな〜れ♥」に、もうハァハァ…(*´Д`) これを中原麻衣嬢が、超絶キュートに言うわけですから、こりゃもう辛抱タマリマセンヽ(´ー`)ノ 鬼太郎サウンドロップ第2弾で、ぜひ採用してもらいたいですナ(爆)>蕾ちゃん

ところで、メニューにあった「ラブラブ注入コーヒー」や「ラブラブ、ラブラブ美味しくな〜れ♥」は40話でのネコ娘とアマビエの看板娘対決からの引っ張りと思われ、また蕾と鬼太郎がデートで立ち寄るクレープ屋も40話で登場していたクレープ屋さんのキャラ表を使っており、メイド繋がりでのリンクした遊びもゲイコマな感じです。Neko4504今回の演出の深澤敏則氏は39話担当だったので、これはシナリオ通りというよりも、40話のコンテを見た上でこうしたアレンジを加えたのではないかという気がしますね〜。

Neko4507またメイド喫茶でデレデレしてる鬼太郎(素で照れるだけなんですが)に、パニック&ダークなオーラを放ちまくるネコ娘──すっかりがに股が板に付きましたヽ(´ー`)ノ──や、身振り手振りのオーバーアクションで、鬼太郎に説教する女の子妖怪一同も愉快。ワンフレーズづつジャンプカットで繋いでゆくテンポの良さもグー! Neko4505つか、個人的にはようやく女の子チームにアマビエが加わったのが嬉しかったヨ☆
さらに、鬼太郎を尾行する時のネコ娘達の全身タイツ……ネコ娘的にはレオタードなんでしょうね〜(笑)も爆笑。常識的に恥ずかしがるろく子さんも、イイネ〜〜(byキバットバットw)。
鬼太郎と蕾のデートシーンの、ほんわかした少女マンガチックなちょっと面はゆい雰囲気の空気を、敢えてぶった切るように度々挿入されるネコ娘側のジェラシーサクレツ描写が、Neko4503実は上手い緩急にもなっていて、ここのテンポ感も抜群です。
もちろん、このハイテンションギャグ描写と純愛路線の二元中継から、ラストでの蕾の死という悲しみと再生への希望という悲恋的なしっとりした雰囲気へ落着する計算された落差も、このエピソードの魅力を増している部分ですね。

さてさて、その蕾ですが、とにかくピュアで気持ちの温かいいわゆる癒し系(死語w)な女の子として描かれており、特に花の命の短さ──すなわち自分自身の運命──を語る件での、花畑をストップモーション的に駆けるイメージカットが、彼女の存在を見事に描いていてグッときます。Neko4501ここをラストカットとして兼用する使い方も泣ける演出でした。
そんな具合で、ほんのちょっと鬼太郎と蕾のプラトニックな関係性が芽生えるような作りにもなっており、バトルシーンで鬼太郎が古椿に敢然と立ち向かう場面では、自分をかばって瀕死の状態になった蕾への悲しみと、そこからくる義憤という形にもなっているのがミソ。この古椿への怒りが、人間を喰らっていたことよりも、明らかに優先されているのが、密かにポイントだったりもします。

と、そんなこんなでメイド喫茶と蕾ちゃんの可憐さ・プラトニックさ、ネコ娘のコミカルなジェラシーに自ずと目が行くお話なのですが、自身の花を美女に変えて男をたぶらかすという古椿の生態設定は、200年前であれば遊郭を隠れ蓑にしていたのではとも考えられる、なかなかに良くできた設定でして、人間世界の風俗と上手く折り合いを付けて生き続けて来たと思える、そのしたたかさも『鬼太郎』の妖怪らしくてヨカですよ。
古椿を演じるのが3期ネコ娘役、三田ゆう子さんというのも嬉しい客演。こうなるとぜひ4期ねこ娘の西村ちなみ嬢を今後呼んで欲しいところです。

余談ですが『プリ5GoGo』の枠でも流れていた「BEAUTY MAGAZINEチョコレート」のCMが『鬼太郎』でも流されていて、この辺からも5期『鬼太郎』が従来以上に女児にも訴求していることを伺わせます。かわいいエプロンドレス姿の女の子がたくさん登場したり、ネコ娘が(『しずくちゃん』のうるおいちゃんのようにw)ジェラシーにトチ狂う(笑)コミカルなテンションの今回は、単純に萌え的なスタッフのお遊び要素だけでなく、ある意味では、小さい女の子も見ていて楽しいエピソードになっていたのでは? という感じですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

フィグマ長門とか、ねんどろ丸焼きさんとか

世間での可動フィギュアブームな今日この頃に乗っかった(爆)、フィグマの長門が店頭に並んでおりました。
すでに腐って蛆が湧くほど長門の立体物というのは(可動ものでさえも)出ているわけですが、個人的にはパッと見で、初めて「これならアリかも」と思う出来映え。
この手の可動ドールでありがちな、手首がバキュミラーみたいなアンバランスさ(笑)も感じられないし(足はやっぱり実寸にしたら28cmくらいなんじゃね? っていうアクロイヤー2的な漢バランスだけど)、顔の造作が自分が思う“長門っぽさ”にフィットしてるカンジっていうのが大きい佳奈? それに、付属品も多いし。
でも、美少女フィギュアの背中にホゾ穴って、やっぱり納得出来ないDEATHが。
それにつけても、メガネパーツが前髪パーツと一体になってるのが、ワロス

まぁ一番気になるのは、実際CMで宣伝してるくらいバッチリ動くのか? ってところなんですけど。でも買う気は全然無いので、そこは判りませんがヽ(´ー`)ノ

で、ねんどろの丸焼きさんことレ・ミィ様も無事発売されて、一緒に店頭に並んでました。いつものことながら、ねんどろはモックアップ通りのクオリティで実際の商品になりますナァ〜。
ねんどろ丸焼きさんは、一応自分的エターナル・リストwには載っているので、ホシイナーを使って「没収!」と行きたいところなんですが、24日のワンフェスのことと、来月入金されるギャラが少々少なめなので、ここはジッと我慢。む〜〜(´・ω・`)
つか、コト姉みたいに4ヶ月くらい待てば、安くなりそうな気もするんですけど(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

はっぴー☆バレンタイン♪

08021402本日はバレンタインデーと言うことで、我が家の娘達からのチョコのプレゼントヽ(´ー`)ノ
・・・そげな淋しいチョンガーの2月14日(爆)
08021401_3

ところで、ちょうど10年前の2月14日が、『ふしぎ魔法ファンファンファーマシィー』というか『アニメ週刊DX!みぃファぷー』の放送第1回だったんですよね〜。
『ファンファン』がなかったら、今の自分はある意味でいなかったことは間違いないワケで──これほどまでに貝澤幸男演出オタクになることもなかったように思うわけですし、当然ながら貝澤さんとの出会いもなかったワケなので──ちょっと感慨深い日でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

ワンダーフェスティバル2008冬

今月末、24日のワンフェスに委託という形で参加します。
冬コミで製作したネコ娘本「なんたって!ネコむすめ」を持ってゆきますので、ワンフェスへ行かれる方で、ネコ娘好きの方は、ぜひお立ち寄り下さいマセ(ペコリ)

卓番号&ディーラー名は「C24-07 TAC & ちゃわんむし」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田の中真弓ヽ(´ー`)ノ

Neko44035期『鬼太郎』での、目玉おやじ担当ライター(?)といえばもちろん吉田玲子さん。
目玉おやじがサブタイトルに冠せられた今回も、もちろん吉田脚本回です。

人間界の流行に影響されて、ちょい悪に憧れる目玉おやじはワイルドにイメチェンするのだと大ハリキリ。そんなある日、日々のマラソンから戻ったおやじさんは、妙なちょびひげを生やし、口調も乱暴、態度もどこかでかくて人が変わったようだった。驚く横丁の面々だが、ちょい悪に憧れているためだと鬼太郎に説明されて、みな納得。だが実は、ちょびひげ目玉おやじは髪様の配下の小妖怪・毛目玉で、鬼太郎の妖気を狙い目玉おやじとすり替わっていたのだ。しかし毛目玉は妙に憎めない人の良い妖怪であった。

と、目玉おやじのお当番エピソードと思わせて、実は入れ替わった毛目玉の心情の変化に重きが置かれた、いわゆる人情話ノリの内容となってます。
それほど派手なアクションやスリリングな展開があるわけでもなく、また見た目は目玉おやじそっくりの毛目玉ですから、絵的にグッとくる感情芝居もあるわけでないものの、全体にコミカルなテンポを維持しつつ、毛目玉のセリフの端々に気の良いところや根の優しいところを織り交ぜた、思いのほかペーソスある作りになっているのがポイント。
特に、仕える髪様のために鬼太郎の妖気を奪う企てを考えて、鬼太郎に接近しておきながら、「良い息子じゃねぇか」と、ついつい使命を忘れて気持ちが鬼太郎たちに傾いてしまう辺りが、王道ではありますが、それだけにイイカンジです。鬼太郎も、そんな毛目玉に情けをかけてやるところも、またヨシ。
こうした展開は、時代劇や古典落語的な世界によくあるストーリーなのですが、このシチュエーションが現代であっても“アリガチ”や“クサイ展開”に見えないところが『鬼太郎』という世界観の深いところなのかも知れません。

Neko4402そんな毛目玉を演じるのは、5期『鬼太郎』ではぬりかべ奥さんでセミレギュラーの田中真弓さんなんですが、今回に限っては「田の中真弓」とクレジットされております。スタッフブログ2/11によれば、これは確信犯での表記とのこと。田中さんも(シナリオ段階から指定されていたとは思うのですが)目玉おやじの口調をまねたセリフが多いこともあって、思わず吹き出すクレジットです。
また、アバンで毛目玉がねずみ男とぶつかり文句を付ける時のセリフが、『おそ松くん』(平成版)のチビ太の口癖だった「てやんで〜バーローちくしょー!」だったのもニヤリ。このセリフは『ぐるぐるタウンはなまるくん』で、やはり田中さんが演じていたシマオも頻繁に言っていたので、田中さんのアドリブだったものと思います(それだけこのセリフが気に入ってるんだなぁ、とも思いました)。で、どことなく小毛玉とチビ太って、キャラ性といいますか雰囲気が似ているような気もしたり(笑)。

Neko4401さて今回のネコ娘は、あまり出番がなく、従って見せ場というほどのものはないのですが、そんな中で、かわいらしくて要チェキだったのが、酔った目玉おやじ(毛目玉)と手を取って踊るカットですね〜。この時の今野宏美嬢の鼻歌も、ゲキ・カワユス(*´Д`)
ズバリ萌え路線やラブコメ三枚目路線(笑)も良いけれど、こうした素朴な可愛さもバッチリハマってて、また良いんですよね〜〜〜♥
でも、横丁で目玉おやじ(毛目玉)に「かわいい彼女とのデートをジャマしするほどヤボじゃねぇぜ」と言われてたシーンでは、「え〜〜〜!? 私が鬼太郎の、かわいい彼女〜〜〜〜♥」と、無意味に嬉しく照れまくって欲しかったナァ〜(笑)。

余談ではありますが、今回はろく子さんが首をグンと長く伸ばした姿で登場したカットがずいぶんとあり、妙に新鮮というか、彼女が妖怪であることを思い出しました(笑)。
Neko4300

さてさて、次回はどうやらアキバっぽいところのメイド喫茶を舞台に話が展開するようで(゜∀゜)
予告では、早くも美少女メイドさんたちが続出&ネコ娘のギャグ顔もサクレツ!ヽ(´ー`)ノ
またまた期待が高いですヨ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

くぎゅ、病んでる〜〜♪

00kugiクギミーがレギュラー化してきて俄然見る気が沸いてきた(爆)「ガンダム00」。
釘声なのにきょぬーなところは、まぁご愛敬ということでヽ(´ー`)ノ

それにしても、今日のあの無差別攻撃──つか、幸せなヤツらには死!──の病み闇具合が、激萌えスギ☆ もう超絶にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!!!!
ヤンデレ・クギミーのお陰で、ようやく面白可笑しく見て行けそうヽ(´ー`)ノ>「00」

でも、千和声の娘の不幸具合がビミョーに中途半端なカンジで(´・ω・`) ──まぁ、このために、彼女の周囲だけ世間とズレて幸福だったのは、イカしてるなぁという感じでしたが。
でも心も壊れちゃった方が、アニメとしては“判りやすい”と思うんですけどね。
正常を保ったままの方が、確かに内面ドラマとしてはより不幸なわけだけど、アニメでそういう感情芝居や心理表現を描くには相当腰を据えないと・・・。黒田洋介氏や水島精二監督は、そこもきちんと描いてゆく気概があるのかどうか? そこは、あまり期待せずに見てゆこう佳奈??ww
黒田氏には『リヴァイアス』、水島監督には『ジェネレイターガウル』という、アンチカタルシス要素がポイントになっていた傑作が、過去にはありましたけど。でも、もう10年くらい前の話ですからね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

ドルショ21で買ったお洋服2

08020703一週間ぶりですが(苦笑)、先月末のドルショでゲトしたお洋服のお写真、第2弾をようやくアップしました。
今回のモデルは、ちーたんとみこタンの“お姉さんコンビ”です。例によってアルバムの方を、見てみてみてね♪

そういえば、このブログを開設して1年が経ちました。
ブログを始めた動機は「もこちゃん」写真をいっぱい見せびらかしたい(爆)というものだったのですので、ほとんどネコ娘ブログと化してしまった(笑)現在でも、気持ちとしてはこちらがメインのつもりではあります(^^;;

てなカンジで♪ ゆるりとしたペースではありますが、今後も我が家の娘達の写真をアップして行く所存でありますデス(ペコリ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

ぶらりバカップル、ミステリートレインの旅だココ♪

Neko4304福引きでろくろ首と鷲尾が引き当てたミステリートレインへのツアー招待券。7人まで同行出来るという事で、鬼太郎やネコ娘、ねずみ男達も同行する事に。ところがミステリートレインの乗客達が次々にマネキン人形にされ、ついにはねずみ男や鬼太郎までもが犠牲に・・・。

という筋立ての『鬼太郎』43話。4クール目最初の西洋妖怪の登場で、鬼太郎ファミリーの面々が一人ずつ敵妖怪である、モンローとピーの餌食になって行く、オンタイムサスペンスな内容です。
一人ずつマネキン人形にされてしまうというシチュエーションに加え、角銅博之氏の演出回ながら、意外にホラー感は薄くて、どちらかと言えばネコ娘がろく子&鷲尾のバカップル(笑)ぶりに苛ついたり、相変わらずニブチンの鬼太郎にガッカリしたりと、恋に焦がれる女の子のすっぴんな感情をコミカルに描くところにウエイトが置かれております。Neko4302特に、モンローに顔を赤らめる鬼太郎の姿に、怒り心頭に発したネコ娘のプンスカがに股ぶりや、続くケーキのやけ食いシーンなどは超ケッサク☆
ちなみに細かいところですが、ケーキを食べ終わった後、ネコ柄プリントのハンカチで手や口を拭いていたのは、やけ食いしても女の子♪ ぽくてグー♥

そういう意味では、ネコ娘の悲喜こもごも的な描写が随所に散りばめられていて面白可笑しい訳ですが(アクションの見せ場もネコ娘のフィーチャー度合いも高いですし、ある意味でネコ娘主役回とも言えなくはないのですが)、角銅ホラー演出としては若干食い足りない部分もあるかも?
Neko4303まぁ、モンローとピーがそもそも大口を叩く割にヌケサクな妖怪というオチなので、その辺のバランスを考えての事かも知れませんが。
しかし、そのモンローのセクシー変化っぷりもなかなか☆ アテンダント姿にホステス、飲み屋の女将、そしてウイドーとマニアックな路線で攻めてきます(笑)。 &川浪葉子さんのお色気ヴォイスもイイカンジ〜ヽ(´ー`)ノ

また、ネコ娘のジェラシーを掻き立てるように(笑)冒頭から頻繁に挿入される、ろく子&鷲尾のラブラブぶりは、まさにバカップルここに極まれり!ヽ(´ー`)ノ
Neko4306福引きを引く時の「ろく子さんが当てたティッシュなら、大事に使うよ」って、ネコ娘じゃなくても、なんじゃそりゃ〜〜ヽ(`Д´)ノ ってカンジで(笑)。しかもバカップル過ぎて、ミステリートレイン内での事件をまったく気がつかず、「良い旅だったね」とか呑気に言ってたりとか、今回は完璧にギャグメーカーとしての立ち位置に徹してくれております。

脚本は、5期『鬼太郎』初参加の吉村元希さんですが、なかなか上手いキャラ扱いでございます。

今回は列車自体が舞台と言っていいわけですが、鉄道的な部分のディテール表現がかなりリアルなのも特徴です。

劇中で登場するミステリートレインは、JR東日本が2007年に製造したばかりのハイグレード車両・E655系「和(なごみ)」をモデルにしたもので、画面上でも先頭車両には制御車のクロE654、客車には電動車のモロE654と実在通りの型式番号が書き込まれております。もっとも、実際のE655系には展望車両というものはなく、色も違う上編成も5両となっているそうなので、この車両と塗装色、編成、内装関係は脚本及び演出合わせのオリジナル仕様と考えて良いでしょう。

この他、アバンで画面を横切る車両や、ミステリートレインが出発するシーンで入れ替わるように入線してくる貨物列車も、いずれも実在の車両が作画されており、さらにミステリートレインの車内放送では、国鉄時代のアテンションメロディが流れたりと、ある種鉄ヲタ的コダワリ(笑)が随所に感じられますデス。・・・スタッフブログ1/29では、今回の作画マンに鉄道好きの方がいるように書かれていますが・・・??

Neko4305ところで、4クール目に入ってからのネコ娘の私服は、再び春服をパーマネントにしつつ、TPOに合わせて着せ替えて行く方向性に切り替わった様子。今回は車中ではピンクのおでかけ服を着用しておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

いくわよ! にゃ〜ん♪

先月末から稼動した『鬼太郎』のサウンドロップ。
バッチシ、ネコ娘もラインナップされておりまして、ようやく手に入れましたヽ(´ー`)ノ ・・・もっともガチャを回したわけではなくて、開封屋で買ったんですけど(苦笑)

や〜〜、しかしもう、タマリマセン☆
一押しするたびに「いくわよ!」「にゃ〜ん♪」を連発。何回かに1度「やめてよ!」とツンツン・ヴォイス(*´Д`)
ネコ娘&今野宏美ファンならば、大枚はたいてもゲトしておくべきかと。

ところで、台紙には「鬼太郎サウンドロップ第一弾」と謳われており、こうなると第二弾・第三弾にはぜひ、ろく子さんやアマビエ、ザンビアといったヒロイン妖怪もフィーチャーして欲しいトコロですよ! もちろんネコ娘も、ね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

ブンビーさんはバンリキ魔王になれるか?

Pri5550101昨日から始まりました『プリキュア5GoGo』。
OPからバンバン、ミルキィローズが大フィーチャーされているにも拘わらず、本編ではその片鱗すら感じさせない第1話ヽ(´ー`)ノ でも、子安ヴォイスの敵幹部を前にしての、のぞみのKYなアホな子加減がむちゃ、イイ¥(≧▽≦)/
変身してオシマイ、以下次回! という今までの『プリキュア』にはあまり見られなかった展開も、結構良かった佳奈?? 
Pri5550105変身バンクの美麗さも、これまでの中ではピカイチのようにも思いますデス。

EDの映像は、プリ5版「ガンバラ」のノリをそのまま継承していたのは、ちょっと意外。これまでは一応、EDは日常によったコンセプトだっただけに、もしかして新シリーズはますます日常描写が削られてしまうのでは? という危惧も多少感じてしまったりもして・・・。
Pri5550100ただ、予想外にミルキィローズこと美々野くるみが、喜怒哀楽のハッキリした女の子だということ&かれんさんとのスールの契りフラグwが既に成立しているというコンテに、驚愕!
これはもうどーみても、ミルク人間態としか思えませんデスなヽ(´ー`)ノ

でもやっぱり、謎の戦士・ミルキィローズとして先に登場するのか? ルミナスみたいに先に変身前の姿でのぞみたちの前に現れるのか? その辺りが気になるところ。・・・もっとも変身後の姿は4月で初お目見えと言うことらしいので、これは明らかに子安ヴォイスの幹部が退場する回での登場の気配濃厚かとヽ(´ー`)ノ

Bunbeeしか〜し、なんと言っても一番のトピックはOPにバッチリ登場、どっこい生きてたブンビーさん♪
エターナルに再就職&プリキュア5部の面々へのリベンジは果たせるのか!?
期待が高まりますよヽ(´ー`)ノ 出来ることなら『デンジマン』のバンリキ魔王のような人になって欲しいトコロなんですが、きっと『サンバルカン』のヘドリアン女王レベルなんだろーなぁ。 

Pri5550104そういえば、シロップが「何か来た!」と、エターナルの出現を感知した時に、のぞみが「ん? どこかで聞いたセリフ」とか言ってて、ワロスヽ(´ー`)ノ

てなカンジで♪ 今年も1年間、視聴して行くこと、けって〜い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

ドルショ21で買ったお洋服、お披露目

08020101結局、お披露目は週末になってしまいましたが(苦笑)、ドルショ21でゲトしたお洋服の一部をアルバムにアップしました。
今回更新分はもこタンと、つぼみタンがモデルさんですヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

じごくゆきよ♪ ねこむすめだニャン

Tanoyo08031毎月1日のお楽しみ☆ といえば、もちろん「たのしい幼稚園」の『ねこむすめだニャン』♪
今月は、アニメ本編と同じバスガイドコスで登場!!!
内容的にも、珍しくアニメ本編34話が一応ベースになっているお話なんですが、妖怪バスで横丁のみんながワイワイ乗り込んでくるノリはその次の35話っぽいデス。

それにつけても、1コマ目の
「これから きたろうと ふたりで、わるい にんげんを じごくに つれて いく ところなの。」
ネコ娘「わたしは バスガイド(ルビ:ばすがいど)よ♥」
って、セリフとシチュエーションがむっちゃアンビバレンツなんですけどヽ(´ー`)ノ

Tanoyo08032さらに、3コマ目のねずみ男の質問に応えるネコ娘のセリフがまたイイ(><)
「じごくよ♪」
おんぷマーク付きですよ!! 

ラストは、横丁の面々にぎゅう詰めにされた悪者達が「たすけて〜〜」というオチなワケですが、Tanoyo0803334話とは打って変わったシトコム・テイストがグー♪ これぞ『ねこむすめだニャン』クオリティ。
細かい点ですが、ラストのコマにろく子さんがチラリといるのも重ねてGJ

てなカンジで♪ こんなガイドさんとなら、地獄でもどこでも案内してホスイ〜〜〜〜(*´Д`)

※今回は、ちょっと画像を多めにしてお送りしました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美々野くるみ

明後日からスタートの『プリキュア5GoGo』・・・やっぱり『555』って略称になるの佳奈??
ウワサと期待を読んでいる、新ヒロイン=ミルキィローズですが、プリモバ(東映アニメのプリキュア携帯サイト)で変身前の名前が公表されてます。

その名は、美々野くるみ だそうで・・・
くるみ・・・って、クロミさま人間態、じゃなくて(笑)どーみても「みるく」のアナグラムですナヽ(´ー`)ノ
てことは、やっぱり声は仙台エ(ry

変身前の名前もあるっていうことは、サンクルミエール学園に入学(or転入)するんでしょうかね??
登場は4月からってことらしいのですが、『MH』のひかりみたいに、変身した姿が4月からということなのか? 根本的に出番が4月までないのか? そこも気にかかりますミル♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »