« 『明日のナージャ』的『こはるびより』 | トップページ | きっとうまくいくよ full version »

2008年1月14日 (月)

ご主人様〜♥ ゲゲゲスナックだにゃ〜ん♪

Neko4001メガミマガジンでの先行情報で、ネコ娘コスプレ大会(笑)が見られるとの期待に溢れた今週の『鬼太郎』40話は、山崎製パンの「鬼太郎パン」のマーチャン絡みというだけでなく、5期『鬼太郎』のギャグの限界にチャレンジしたエピソード。
その演出には、なんとシリーズディレクターの貝澤さん自身が登板するという、個人的にはもう願ったり叶ったりの一本です。

ねずみ男が人間世界から連れてきたクレープ屋の煽りを受けて、あずきあらいの饅頭屋とつるべ落としの雑貨屋は経営難に・・・。そんな時、鬼太郎の活躍を見た二人は、起死回生の目玉商品として鬼太郎をモチーフにしたお菓子を売り出す事にした。その人気ぶりにねずみ男はクレープ屋に見切りを付けて、あずきあらいとつるべ落としのライバル心に付け入って一儲けを企むのだった。

と、基本的なシチュエーションは商店ものコメディでの一つの黄金パターン。これも妖怪横丁という設定があればこそのお話で、吉田玲子さんのコミカルなシナリオをよりギャグ方向に振った形で面白可笑しく描いてゆきます。
ここまで徹底的な貝澤さんのギャグエピソードというのも、実は案外と珍しく(『ガッシュベル』でも、主に鈴芽を主役にしたエピソードではこうしたアホアホ展開のぶっ飛んだギャグ回というのは時折ありましたが、貝澤さん自身は直接演出していなかったのです)、Neko4004いつもならば要所要所で織り込んでくるギャグシチュエーション──例えば、閑古鳥状態の困窮具合を激涙して訴えるあずきあらいやつるべ落とし、優柔不断な鬼太郎をギロリと睨み付ける横丁の面々などは、『ガッシュベル』でよく見かけたギャグ表現ですし、ネコ娘スナックを作ると言われてウットリと妄想世界に突入するネコ娘のカットは、Neko4002『貧乏姉妹物語』での貝澤さんの発明(笑)、“幸せ処理”の明らかに応用といえるでしょう──を、全編に渡ってぶち込んだ抱腹絶倒な内容です。

また、話の展開自体が、いわゆる繰り返しギャグの構造になっている事もあり、そこも徹底して同ポジ兼用を意図的に多用する事で、そうしたギャグ感を煽る作りにもなっています。この繰り返しカットの一つ、鬼太郎があずきあらいとつるべ落としの競争心を感じ取る、ニュータイプ的(笑)電光の後、暗雲がたれ込めるというシークエンスも愉快極まりなくて、笑い転げまくり!

加えて、BGMの選曲センスも楽しくて、競争の果てにどちらが公認グッズかを鬼太郎に迫る、あずきあらい&つるべ落としや横丁の面々の鬼気迫る形相にたじろぐ鬼太郎のシークエンスでは、いつもは緊迫した、悪の妖怪が迫ってくる恐怖サスペンスシーンで多用される、ショッキングでシリアスな曲を使ったり、妖怪寺でのあずきあらいとつるべ落としのバトルに巻き込まれ、イイトコロ無しの鬼太郎のシーンでは、お馴染みの主題歌アレンジの勇壮な曲を敢えてチョイスしてみたりと、画面とのギャップ感で見せる(聴かせる)ギャグ演出という、映像ならではの表現にもなっていて、流石という他はありません。と同時に、鬼太郎から見れば“迫る恐怖”だったり、あずきあらいとつるべ落としにすれば、“雌雄を決するガチンコバトル”だったりと、キャラ心理的には極めて真っ当な選曲である事も見逃せません。

そして全国10億人の(笑)ネコ娘ファンに贈る、今回、いや今期最高の見せ場! アマビエとのまさに壮絶なコスプレ合戦はどうだ!
直前での幸せ妄想モードのネコ娘が思い描くネコ娘スナックが、鬼太郎とのツーショット・ラブラブスナックに脳内変換されちゃってるところも芸コマでケッサクなのですが、Neko4010ネコ娘もアマビエも「鼻き荒く」という比喩表現がそのまま絵になっちゃうハイテンションぶりもナイス!ヽ(´ー`)ノ
そこから続く約20カット前後のコスプレ合戦は、まさにネ申降臨〜!
「ご主人様〜♥ ゲゲゲスナックだにゃ〜ん♪/ラブラブ、ラブラブおいしくな〜れ♪」
とメイド服スタイルのネコ娘に媚び媚びな(笑)今野宏美嬢の演技という、狙い澄ました必殺コンボもバツン♪ 「おいしくな〜れ♪」での魔法少女アニメのようなSEもグー☆
対するアマビエも
「ご主人様〜♥ ちゃんちゃんこサンドですぅ〜☆」
と甘ったるい声(池澤春菜嬢の演技もハマってます)で、同じようにメイドコスで応戦する様もタマリマセン☆ しかも、イメージBGは甘エビだヽ(´ー`)ノ
「にゃッ、生意気な人魚!(怒)」「くッ、出しゃばりなネコ!(殺)」
Neko4005と、二人の違った闘争心に火がつく、強烈な広角パンフォーカス・カットの切り返しももうサイコー! そこからのがっぷりよつなエスカレートぶりも凄まじく、次第にケバク、ある意味コスプレの方向性を見失ってゆく(それに本人は気づいていない)のも痛快。
Neko4006s──余談ですが世間では「なぜろく子さんじゃなくて、アマビエなんだよ〜ヽ(`Д´)ノ」という意見もあるようですが、キャラの立ち位置や性格、対比からいって、ここはろく子さんでは(絵的にはともかく(笑))盛り上がらないのではないかと……。まぁ、個人的にはアマビエも大好きなので、むしろアマビエにイカした見せ場を作ってくれて、大感謝! ってカンジですがヽ(´ー`)ノ
この弾けたテンポ感を維持したまま、あずきあらいとつるべ落としの過剰サービス合戦へ突入してゆくノリも、面白すぎ!

ここまで突き抜けたギャグ全開の内容ですが、作劇的なクライマックスは、実は最後に妖怪寺で鬼太郎がちゃんちゃんこサンドと鬼太郎スナックを無心にほおばり
「おいしいですね。両方とも、とっても」
と笑顔を見せる姿に、あずきあらいとつるべ落としが涙を流して喜ぶという部分にあって、人情喜劇的な“笑ってちょっと泣ける”落とし方になっているのがミソ。自分としては、こうしたフッとウエットかつ心が温かくなる落ちの見せ方は、シナリオ以上に“貝澤さんらしい”持って行き方だなぁ〜と感じる次第です。

Neko4003ところで今回のネコ娘ですが、コスプレ合戦以外でも可愛い表情が目白押しで、特にあずきあらいとつるべ落としの鬼太郎グッズを目の前にした時の、満面の笑みとトキメキMAXな目の輝きなどは、今シリーズでも屈指のベストショットなのではないでしょうか? 
それから芸コマな部分としては、鬼太郎クッションを二つ手にして「鷲尾さんとペアで使うの♥」と、バカップルぶり(笑)を印象づけるろく子さんのセリフもGJでした。Neko4007

ちなみに、コスプレ合戦での着用衣装は以下の通り↓
ネコ娘:メイド服→水着→バスガイド→ゴスロリドレス→プリンセスドレス→ケバケバ女王様コス
アマビエ:メイド服→水着→セーラー服→魔法少女風妖精→クイーンドレス→ケバケバ女王様コス

|

« 『明日のナージャ』的『こはるびより』 | トップページ | きっとうまくいくよ full version »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202830/17687883

この記事へのトラックバック一覧です: ご主人様〜♥ ゲゲゲスナックだにゃ〜ん♪:

« 『明日のナージャ』的『こはるびより』 | トップページ | きっとうまくいくよ full version »