« 対決?ネコ娘VSバックベアード | トップページ | タイガー変身! »

2007年12月 5日 (水)

ネコ娘&ろく子 in NY(笑)

今週の『鬼太郎』は死神の少年、骨太を主人公にした、アットホームな雰囲気の漂うエピソードです。

Neko3501妖怪横丁の慰安旅行で山奥の温泉へとやって来た鬼太郎たちは、近くのハワイアンセンターのショーを覗いてみることにした。その会場ではねずみ男と横丁に良く顔を見せる死神の少年、骨太がウエイターとして働いていた。嫌な予感を感じる鬼太郎の予想通り、ショーはハワイの死神マヒマヒが生きたまま人間から魂を奪うための罠だったのだ。

といった筋立てなのですが、前半は骨太と彼の家族──冴えない父親の死神・九九号や母親の青子の描写が中心で、特に九九号の死神とは思えぬほど優しくてお人好し故に、死者の魂を刈り取れない様子を見て、骨太が陰ながらでも力になりたいと願うという、ホームドラマテイストで話が進行してゆきます。ここで面白いのが、死神がたくさんいて死者の側へと趣き魂を刈り取る仕事をしている、悪しきものではなく、死に関して必要な存在とされている点です(いわばサラリーマンとしてノルマがあって、その成績で給料がもらえるらしいというのが、これまたユーモラス)。
Wikiで「死神」を調べると、「死を迎える予定の人物が魂のみの姿で現世に彷徨い続け悪霊化するのを防ぐ為、冥府へと導いていくという役目を持っている」ともあり、これに則った考え方であることが分かります(余談ながら、死神をこのニュアンスでとらえているのが『BLEACH』だったりもします。しかも死神がたくさんいるという設定も一緒!)。

Neko3502慰安旅行へと出向く鬼太郎たちは、前回死の象徴として登場した幽霊バス! 今回は打って変わって明るく楽しい雰囲気となっており、この落差が『鬼太郎』の魅力でもあります。
そのバスの中で、29話のバスガイドのバイトのことを引っ張ったネコ娘とろく子とのやりとりもグー。しかも既に寝ている鬼太郎を見ての、ネコ娘の──今野宏美ファンならずとも『らき☆すた』の小神あきらを思い出す──ダークな口調(笑)がこれまたケッサク!
Neko3503温泉場でのネコ娘の見せ場も結構たっぷりあって、そうしたサービス度も高いですね〜。お約束の入浴シーン(ろく子さんも一緒というのが嬉しいところ♪)や射的のシーンで「ねぇ〜、鬼太郎取って〜〜」と甘えちゃうところなどなど、いずれもイイカンジ☆ 射的での鬼太郎の指でっぽうの使い方もニヤリ(インチキなんて野暮なこと言っちゃいけませんw)。
Neko3504しかもそこで取ってもらった招き猫を、ネコ娘がずっと大事そうに(バトルの最中も)小脇に抱え続けているのもいじらしくてイイですね〜〜♥

|

« 対決?ネコ娘VSバックベアード | トップページ | タイガー変身! »

コメント

 5期シリーズは基本的にオリジナル路線で、という事なのか、原作エピを下敷きにした話はごく一部なんですが、その大部分は吉田玲子氏の担当になっているみたいですね。(一部例外あり。)
 で、作品を見るたびに毎回驚かされるのは、その換骨奪胎ぷりの見事さ。
 今回元になったのは非・鬼太郎作品の「サラリーマン死神」というミニシリーズ。
 妻子もちの死神が、ノルマの影に脅えながら、人間を口先で(直接手にかけるのはタブーなので)何とか死に追いやり、魂を回収していく・・・というかなりエグい内容(連載されたのが一般週刊誌という事もあり)だったりします。
 この原作を使って、真逆のハートウォームエピにしてしまうなんて、もうテレビの前で引っ繰り返っちまいましたよ。

投稿: 宅川剛 | 2007年12月 5日 (水) 15時58分

宅川さん・・・
コメント、ドモです〜〜。
今回のエピソードは、非『鬼太郎』作品がベースだったんですね〜。なるほどなるほど(...メモメモ)。

>基本的にオリジナル路線で、という事なのか、
そのようですよ。確か「フィギュア王」での鬼太郎特集での三条・長谷川・貝澤三氏の対談で、そのようなことを言っていたと思います。

>人間を口先で(直接手にかけるのはタブーなので)何とか死に追いやり、魂を回収していく
そこは、今回で言えば悪玉死神のマヒマヒに片鱗が伺えますね。
そういえば、マヒマヒが集めた人たちは基本的に高齢者ばかりだったというのが、作劇的に芸が細かいというか、死神なりのある種のモラルみたいなものも感じましたが──。

・・・自分はお恥ずかしい話ですが、『鬼太郎』を含めて水木しげる作品自体に疎いので、水木ファンの宅川さんのコメントは大変勉強になりますデスよ!

投稿: ぽろり春草 | 2007年12月 6日 (木) 10時44分

お久し振りです
この話は2期鬼太郎最終回「死神のノルマ」のリメイクかなと思いました。
たしか息子と嫁さんの名前も一緒だったと記憶しています。
ということは鬼太郎のお母さんの話は5期ではやらないのかなと思いました。

それはともかく射的してる猫娘は良かったですね
小悪魔的な感じで(笑)もしかしてわざとはずしてたりして・・・
鬼太郎も以前より猫娘に優しくなってますね
サングラスをかけた鬼太郎にも笑ってしまいましたが、今回一番活躍したのは実はかわうそなんですよね
個人的にはろくろ姐さんの入浴シーンをもっと見たかったです(笑

投稿: ずんどこ | 2007年12月14日 (金) 02時32分

ずんどこさん・・・
久しぶりのコメント、ありがとうございます。

>2期鬼太郎最終回
お〜、2期でも死神の話はやってたんですね。・・・確か2期は5期に負けじ劣らじオリジナル路線だったらしいので(当時はよく分からず見てましたが(苦笑))、2期のリメイク的な話なのかも知れないです。

>射的してる猫娘
もう、あの一連のシーンだけでお腹いっぱいでしたヽ(´ー`)ノ

勝利の鍵はかわうそだったんですが、でもアマビエが一緒じゃないとビミョーに存在が薄い気が・・・(笑)
なので、今週の方が印象に強いというこの事実(゜∀゜)>かわうそ

投稿: ぽろり春草 | 2007年12月14日 (金) 22時18分

 横レスですみません。
 第2期最終回の「死神のノルマ」は、「サラリーマン死神」の同名第1話を、鬼太郎バージョンにアレンジした物なんです。

 第2期は原作のストック不足から、鬼太郎関係以外の水木作品を下敷きにしたのが多かったんですね。

投稿: 宅川剛 | 2007年12月16日 (日) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対決?ネコ娘VSバックベアード | トップページ | タイガー変身! »