« ネコ娘のネコ目ケーキ | トップページ | キュアドリームがやってきた! »

2007年11月 5日 (月)

ゲゲゲのマタンゴ(笑)

Neko3104今週は、珍しく早めのインプレでございます(苦笑)。

自転車の練習をしていた鬼太郎とネコ娘が仲良くなった人間の少年・カズオ。明るく鬼太郎に自転車の乗り方を教えてくれたカズオだったが、数日後彼はすっかり怯えきっていた。山中で出会った妖怪・あまめはぎとコマ回し勝負に負け、脅されていたのだ。話を聞いた鬼太郎は、あまめはぎと対決し一度は勝ったものの、それで引き下がるあまめはぎではなかった──。

と、展開的にはオーソドックスなお話なのですが、15話で鬼太郎が目玉おやじからプレゼントされた自転車を絡めた、一種の後日談としても成立しているところがポイント。脚本は13話と同じく吉田玲子さんで、ゲスト妖怪のあまめはぎとのバトルがいわば変わりゴマ対決という、ゲーム感覚になっており、そのあまめはぎ自身も、不気味さの中にどことなくユーモラスな雰囲気の漂うキャラクターとして描かれております。ドスをきかせるカットでのハーモニー処理やブラシ処理による影の落とし方なども効果バツグン♪
鬼太郎に代わって(恩返しのつもりで)、勇気を持ってあまめはぎに立ち向かおうとするカズオ少年の心の動きが清々しく、設定的にはそれなりに危険を伴っているわけですが、バトルの描写そのものはバイオレンスなノリでもないので、なかなかにジュブナイルなテイストが漂っているのもイイですね〜。また、そこでのあまめはぎとのコマ回し対決も、これまたスリリングで、見応えも高いです。

また、ねずみ男もようやく“らしい”活躍をするようになってきて、そこもイイカンジですよ(あまめはぎにやられて、きのこに寄生された鬼太郎を、きのこ鍋にして“助ける”件なんかは、ねずみ男は明らかに“鬼太郎を釜ゆでにしつつ、きのこ鍋を食べたい”という邪念がミエミエなのも愉快!)。

クライマックスの鬼太郎VSあまめあぎのバトルで、自転車の練習の成果が活かされる展開は、いってみればお約束なのですが、それで鬼太郎がちゃんと自転車に乗れるようになったかは定かでない──自転車に乗る夢を見ているところを見ると、おそらくまだ乗れていないと思われます──オチのつけかたもミソ。そんな鬼太郎に「いつか練習とやらの成果。いつか見せとくれ」と呟く目玉おやじのセリフもニクイ!

ラストは、次回から登場する西洋妖怪軍団の襲来を予告するシーンで幕となっているわけですが、今回がユーモラスなあまめはぎということもあって、西洋妖怪軍団の凶悪な雰囲気が際だってもおりました。この辺もきっと計算の上での作劇だったと思います。

Neko3101そんなこんなで今週のネコ娘の見せ場はあまりインパクトのある場面は多くないです。ただ劇中で日付が変わるときちんと違う服を着ている、というコダワリ演出が光りますねー。1話の中で、私服を3回もチェンジしたのは、多分今回が初めてと思われます。
これも、春/秋私服が都合4着もあるおしゃれさん故の為せる業と言ったところ。しかも、前回と次回はチュニックを着用しているので、今回は(明らかに)敢えてそれをハズしてある配慮もGJ!
また前半、鬼太郎に敗退したあまめはぎに対して「木の皮でも食べてなさい!」と息巻いたり、足の裏の良さが判るか!と捨て台詞を吐くあまめはぎに「判りたくもないわ・・・」と独り言ちたりと、いわゆるツッコミ系のセリフがいつもよりも印象に残りマス☆Neko3102

ちなみに冒頭の「なんでも横丁ランキング」(BG上は「横丁なんでもランキング」)でのネコ娘は、猫No.1のランキングに入っていましたが、リザルトは、1位クロ 2位シロ 3位タマ 4位猫娘 5位ミケ、となっておりました。

|

« ネコ娘のネコ目ケーキ | トップページ | キュアドリームがやってきた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202830/16978882

この記事へのトラックバック一覧です: ゲゲゲのマタンゴ(笑):

« ネコ娘のネコ目ケーキ | トップページ | キュアドリームがやってきた! »