« エッセンシャル・エヴァンゲリオンクロニクル | トップページ | 『パラレルタウン』も2クールでけって〜い! »

2007年10月29日 (月)

なんたって!21歳(このタイトルに、ピンと来る人はジジイ確定(笑))

結局、丸々一週間遅れになってしまった『鬼太郎』29話──根古宏美さん大活躍の巻w──のインプレです(トホホ)
・・・「根古宏美」というのは、字幕放送での表記なので、おそらく脚本でもそう表記されていると思いますデス。

Neko2905念願だったバスガイドのバイトで、小学校の修学旅行に添乗したネコ娘。ところがその旅行先で児童たちが数名行方不明となる事件が発生。事件の犯人は古井戸から現れた狂骨だった。いろは順に子供たちを狙う狂骨にネコ娘は立ち向かうことに──というのがストーリーアウトラインなのですが、中盤の狂骨が子供たちを襲って行く場面までは、バスガイドとしてのネコ娘の姿を追って行く、シチュエーションコメディっぽいテンションで話が進行してゆきます。

アバンのストーリーテラーがネコ娘で、しかも自身が語るバイト面接秘話だったり、バスガイド姿を最初に見せるシーンのBGMが「NADE-NADEして」のカラオケだったりと、のっけからサービス満点!

真名ちゃんに「彼氏いるんですか?」と訊かれて、モーソー&美化入りまくりの鬼太郎とのラブラブシーン──Neko2902そこから現実のだらしなく昼寝している(笑)鬼太郎へ切り替わる際の、BGMの速度が落ちるズッコケ演出も(定石ですが)ナイス!──や、旅行カバンの中に隠れてネコ娘に同行してきた一反もめんとのやりとりなどは、ギャグテイスト全開で、抱腹絶倒! 
特にネコ娘のショーツをフトンに、やすらかに詰め込まれている一反もめんのカットは、ケッサク過ぎ&新しいサービスショットのあり方を提示してますデスよwGegege2901
また、一反もめんが入ったままのバッグを屏に叩きつけるキレキャラっぷりが、これまたグー♪ 今野宏美嬢の演技が、メチャクチャ『らき☆すた』のあきら様ノリになってるのも、声優ファン的にはポイント高し!ヽ(´ー`)ノ

余談ですが、今期のネコ娘はキレると化け猫顔が露呈するという感情演出が基本的になされているのですが、実はイマドキの女の子キャラというのは、普通のヒロイン作品(例えば『しゅごキャラ』や『マイメロ』あたり)でもヒロインはごく当たり前のように目をつり上げたギャグ表情を見せているので、ネコ娘の化け猫顔って今期に限って言えば、むしろカワユイ風に見えたりするんですよね。
Neko2903その意味では、この一反もめんとのやりとりでの場面や、冒頭のバイトの面接官に見せる化け猫顔というのは、まさにそういった“かわいい/面白い”ギャグ表情の典型かと思う次第。
その一方で、妖怪としてのパワーを全開にする時にも化け猫顔に変貌するという『妖怪人間ベム』っぽい形にもなっているので、狂骨とのバトルシーンで二宮や舞ちゃんが変貌したネコ娘を見て「オバケ!?」と驚く辺りは、逆に妖怪としての設定を活かした見せ方で、今回はそんな化け猫顔の使い方も巧みでした。Neko2904

で、それまでの4週間は故意か偶然か、人間が一切絡まないエピソードが続いたこともあって、人間を襲う悪い妖怪を鬼太郎が退治する話は、『鬼太郎』のベーシックなファーマットであるだけに、ネコ娘のお当番&コスプレ披露メインというイレギュラーな要素が主体のエピソードであるにも拘わらず、どことなくピリッと締まった印象もあります。
狂骨が意外と手強いところもあって、鬼太郎の活躍度合いも高いですし、何よりネコ娘の窮地に颯爽と登場するカッコ良さ! そして「大丈夫かい」とネコ娘にナチュラルに声をかける優しさ。まさに正義のヒーローですよ!

細かいところで行けば、ガイドスタイルのネコ娘はオトナっぽくお化粧していたり、ほぼ同年代の二宮や舞ちゃんたちからは「バスガイドのお姉さん」と慕われたりするところが、どことなく大人に変身するタイプの魔法少女アニメを彷彿とさせるものがあって、ヨカですよ〜〜♪ それでいて下着をバッグから出す時は「パンツ、パンツ」って言っちゃうお子ちゃまっぽいタームチョイスも嬉しい限り(って、実際のところはそういう意味合いではなく、男児小学生向き故「ショーツ」という単語を避けただけだとは思いますが(笑))。

それと、ネコ娘が使っている携帯のストラップが鬼太郎というのもゲイコマ♪・・・待ち受けはきっと鬼太郎とのツーショット、とかなんでしょうナァ〜ヽ(´ー`)ノ

Neko2906また、今回は必然的に女児のゲストキャラが多いわけですが、舞ちゃんも親友の真名ちゃんやクラスメイトの女の子達も、そのコスチュームがムチャムチャらしさを感じさせる、おしゃれな服装センスなのもニクイ限り☆(あと、ネコ娘のショーツの柄も(笑))・・・東映アニメは、原則ゲストキャラの設定は各話作監が起すので、おそらく舞ちゃんや真名ちゃんのデザインは、伊藤智子さんが担当されているのではないかと思われますが、まさにベリーGJ!

ネコ娘のサービスショット、前半のシチュエーションコメディ的な楽しさ、中盤の狂骨に真名ちゃんが襲われる辺りのホラーテイスト、そしてクライマックスのバトルシーンでのスリルとカッコ良さと、バランスが見事に取れた“萌え燃え”なエピソードでございました。
てなカンジで♪ 脚本の三条睦氏と演出の畑野森生氏に、拍手!!

Neko29edで、エンディングもバッチリネコ娘の歌詞というコトで、そこも抜かりなしですね♪

それにしても、年齢詐称(笑)をしてまで──法律が変わって中学生でも働けるようになった世界ではなかったんですねw──バイトに精を出すネコ娘。その理由というのが気になりますね〜。

|

« エッセンシャル・エヴァンゲリオンクロニクル | トップページ | 『パラレルタウン』も2クールでけって〜い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202830/16915282

この記事へのトラックバック一覧です: なんたって!21歳(このタイトルに、ピンと来る人はジジイ確定(笑)):

» [ゲゲゲの鬼太郎 第29話] 猫ひろみ 21歳 (w [biac の それさえもおそらくは幸せな日々@nifty]
今週の妖怪 : 狂骨 「はぁ~い! 人間のみんな。 ねこ娘でぇ~っす!」 冒頭のこの一言で、 今回のお話は言い尽くされてますね~ f(^^;# あれ!? この服 [続きを読む]

受信: 2008年1月 5日 (土) 20時03分

« エッセンシャル・エヴァンゲリオンクロニクル | トップページ | 『パラレルタウン』も2クールでけって〜い! »