« 最終回じゃなかった?>『シュガーバニーズ』 | トップページ | シュガーバニーズ(一応)最終回 »

2007年9月26日 (水)

瞬足!四つん這い走法

今週の『鬼太郎』は、主題歌の歌詞にも唄われる「夜は墓場で運動会」を描くエピソードなんですが、妖怪大運動会というイベントの描写と併行して、運動会に憧れつつも、自分の雨降り能力故出場を諦め続けてきた雨降り小僧と鬼太郎たちとの友情も描いてゆく内容です。

妖怪大運動会への準備に発奮する目玉おやじや砂かけ婆と、そのスパルタぶりについて行けない横丁の面々や、運動会当日の各競技の様子などは、ユーモラスかつコミカルなテンポで見せて行く形になっているので、基本的に今回はまず愉快なお話という印象が残るようになっています。そこに、雨降り小僧の思いや、それに応える全国の妖怪たち(特に、降雨続行と雨降り小僧の参加を真っ先に認めるのが、優勝候補の強豪チームを率いるアカマタ──ちょっと嫌なヤツな描き方をしてきているだけに──というのが、ニクイ!)の心意気を絡めることで、クライマックスのリレーは、いわゆる学園ドラマノリのカタルシスになっているのもミソ。
Neko2502こうした感じで、妖怪との戦闘シーンを無理矢理入れずに妖怪たちの日常の一コマに終始する(人間と妖怪の関係性ではなく、妖怪同士の関係性や彼らのユニークさを描いてゆく)ストーリー展開が可能な辺りは、『鬼太郎』という作品の懐の深さならではですね。

運動会が東西南北の4チーム対抗なのも面白くて、本編中で競技の様子を端折らないことと相まって、様々な妖怪たちが特技を活かして勝負して行く様も“らしくて”良かったです──個人的には座敷童子が意外にいろんな種目に参加して活躍してたのが、イカッタYOヽ(´ー`)ノ
ただ、今回は一般公募したオリジナルの妖怪たちの出番もある、という触れ込みだったものの、結局モブキャラに終始していたのがちょっと残念でした。デザインだけでなく特技なども書いて応募するようになっていたので、その辺を活かした形で活躍させてあげれれば、採用された人たちはもっと嬉しかったのではないかしらん? (今後採用された妖怪がメインゲストになるエピソードが作られれば、また話は別ですが・・・)

Neko2501で、今回はお約束の体育着姿を披露してくれた我らがネコ娘の活躍ですが、やっぱりクライマックスのリレー第1走者としてのシーンでしょう! 本気を出して走る時は四つん這い、という1話から要所要所で使われてきた今期のネコ娘の、人外的描写のひとつをバッチリ使って全力疾走するシーンが良かったですね〜(バトンを銜えて走るのもOK!)
・・・ブルマじゃなかったことに「ハゲシク絶望した!」(笑)と言われる人もいるようですが、個人的には、ヘソだし&フィッティング感の強いスポーツスパッツの組み合わせは結構マニアックだなぁとか思ったりヽ(´ー`)ノ

そういえば、妖怪大運動会にはフォークダンス系の種目はなかったようで──あればネコ娘ももっと発奮したのでは? とか(笑)

それにつけても、今期『鬼太郎』での吉田玲子さんの脚本は、目玉おやじが奮闘するエピソードが多いなぁ〜。

|

« 最終回じゃなかった?>『シュガーバニーズ』 | トップページ | シュガーバニーズ(一応)最終回 »

コメント

>一般公募したオリジナルの妖怪たちの出番もある
 フハッ!どうりで見た事も無い(結構萌え系の)妖怪が出てくるなぁ~と、思ってたんですが。そういう事かぁ。
 アカマタなんて、過去のシリーズじゃ悪役だったのに、今回は結構良い奴になってるし。
・・・あと、野暮を承知で云うと、東チーム出身地がバラバラな気が・・・

投稿: 宅川剛 | 2007年9月26日 (水) 21時08分

宅川さん・・・
こちらでは、おひさデス〜ヽ(´ー`)ノ

>見た事も無い(結構萌え系の)妖怪
東映アニメの『鬼太郎』コンテンツでの応募イラストを見ていると、「萌え系」というかリアル女児が応募したっぽい、ファンシー系おんにゃのこ妖怪が割合と多いんですよ。これが。
たの幼「ねこむすめだニャン」効果の現われ佳奈?(笑)
それと、信頼出来る筋からの情報では、ゲスト妖怪も上野ケンさんがデザインしているらしいですから、当然そげな雰囲気にwww

>アカマタ
でも今期、声は碇ゲンドウですからヽ(´ー`)ノ

>東チーム出身地がバラバラ
ワールドカップと違って、きっと現住所で所属チームが決まるのではないかと・・・好意的な見方をしてみたり(笑)

投稿: ぽろり春草 | 2007年9月26日 (水) 21時27分

感想お疲れ様です
今回のお話はにぎやかでしたねー
アカマタさんの漢っぷりには惚れました
嫌味だけど根はいい奴という感じがよく出ていたと思います

座敷童子も頑張ってましたね
風の神が風を起こすシーンではあらぬことを考えそうになりました(苦笑)

吉田玲子さんの脚本は目玉の親父が大ハリキリする話が多いですね
ブートキャンプしてる親父には笑いましたw

次回はねこ娘にライバルが登場しますね!
ここのところ脇役なのでいつもの鬼太郎ラヴっぷりを発揮する話を期待します

投稿: ずんどこ | 2007年9月28日 (金) 18時59分

ずんどこさん・・・
鬼太郎が妖怪を退治するという、基本線の話もいいのですが、時に妖怪とのバトルのない話が、『鬼太郎』はすごく良い雰囲気のことが多くて、今回の大運動会もそんな1本だったと思います。

>ブートキャンプしてる親父には笑いましたw
前々回は通販でロデオマシーンを欲しがっていたところを見ると、今期の目玉おやじはああ見えてキントレスキーな人なのかも(笑)・・・なんて思ったりもします。

次回はネコ娘のライバル(?)参上っぽいところも気になりますが、ぬらりひょんとバックベアードというラスボス級キャラがそろい踏みするようなので、そこも期待が高いです。

投稿: ぽろり春草 | 2007年9月28日 (金) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202830/16578516

この記事へのトラックバック一覧です: 瞬足!四つん這い走法:

« 最終回じゃなかった?>『シュガーバニーズ』 | トップページ | シュガーバニーズ(一応)最終回 »