« パティシエ選手権決勝戦編!「47番の人おめでとー☆」 | トップページ | ゲゲゲの鬼太郎 遊BOOK »

2007年8月 7日 (火)

天才パティシエ、ソフィア・シェルブール!

1903 今週の『シュガーバニーズ』は、パティシエ選手権編も終了しての新展開。
決勝では敗退しつつも、エミールに認めてもらえて鼻高々のソフィアとそんな彼女にビミョーにうんざり気味のバニーズたちに、バニーズフィールドの女王様から手紙が到着。近々視察にやってくるとの内容に、しろうさ・くろうさたちは大パニックで、ソフィアの家は大騒ぎに──と、珍しくバニーズたちがトラブルメーカーぶりを発揮して、ソフィアを怒らせてしまうスラップスティック・エピソードです。
1901 冒頭の天狗状態の(笑)ソフィアが凹まされてしまうというアリガチな話と思わせて、そこはコミカルな見せ場だけでオシマイで、本筋はそれまでなかよしでいつでも一緒だったバニーズたちが、ひょんなことから、しろうさ・くろうさを残して、ソフィアの家から出て行ってしまうという波乱の展開にビックリ。
その、ラストでバニーズたちが家から出て行くシーンは、歌を唄いながらの(ちなみにこれは、冒頭でソフィアが口ずさんでいる曲でもある!)ミュージカル仕立て☆ これまでも本作は音楽だけで、情景やキャラの感情が判るBGMの付け方をかなり徹底していたわけですが、その究極演出をついに発動したという感じです。・・・今回、絵コンテと演出は監督の釘宮洋氏が直接行っているので、この音楽性の志向は、釘宮氏自身の考えでもあったとも思われますデス。

それにつけても、今回はやはり冒頭のソフィアのセリフと仕草に尽きる!!
1902ハミングしながら掃除をするところに始まって、前回のエミールとの握手のシーンを思いだし(といっても兼用による回想ではなく)、天才パティシエのモーソーに浸るソフィアの、ウットリというよりロコツにイっちゃってる瞳と犬口!(笑) 1904 またそこに至る前にソフィアに問われて、バニーズたちがエミールのセリフを完全に諳んじている辺りは、こんなアホアホな光景が、パティシエ選手権決勝以降それこそ毎日続いていたんだろうことが想像に難くなかったりと、とにかく珍しく壊れた(笑)ソフィアタンがもう最高に凶悪的なラブリーさを誇っておりますデス♥
1905自分を「天才パティシエ」と連呼しちゃうイカレっぷりも、いかにも浦沢義雄脚本らしいコミカルさで、それもバツグン。さらに、郵便屋さんが現われる直前のオーバーアクションなポージングもカワユスギ(*´Д`) そんなこんなで、もうノリノリの釘宮コンテがタマリマセン♪

・・・さてさて、予定では後8話前後(DVD-BOXの収録話数が正しければ、今回を含めて9回)での、今回のバニーズたちが仲違いして離ればなれになる展開は、相当にハラハラというか、次回以降が激しく気になりますYO〜〜〜!

|

« パティシエ選手権決勝戦編!「47番の人おめでとー☆」 | トップページ | ゲゲゲの鬼太郎 遊BOOK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202830/16042169

この記事へのトラックバック一覧です: 天才パティシエ、ソフィア・シェルブール!:

« パティシエ選手権決勝戦編!「47番の人おめでとー☆」 | トップページ | ゲゲゲの鬼太郎 遊BOOK »