« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

釘宮voiceのアレ

クギミー嬢のヴォイスが封入されるということで(笑)、以前からウワサになっていた「サウンドロップ萌え2」が稼働していたので、一回回してみましたヽ(´ー`)ノ

で、出てきたのは「委員長」・・・そこの談志もとい男子〜〜! は、最近どの作品でもおなじみなツンツン系クギミーvoice(笑)
──面白いけど、一言200円てのはちと高い佳奈??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

ねこ娘は昔、ぽてとだった(゜∀゜)

アマゾンで今野宏美と検索してみたら、あきら様関連や『センチ』関連だけじゃなくて、何故か『AIR』のドラマCD佳乃編がヒット・・・
なんと、「ぽてと:今野宏美」(o△o)||| ぴこぴこ、ぴ〜〜〜!
ねこ娘は、おしゃれ魔女だっただけじゃなくて、ぽてとでもあったのか〜〜〜〜!!!!
ぴこ〜〜〜! なんたる不覚_| ̄|○

ま、自分がプレイしたのは声のないオリジナルのエロゲー版ですけどね>『AIR』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ミミカ』のDVD-BOX届いた〜☆

オーダーしてあった『味楽る!ミミカ』のDVD-BOXが届きましたよ〜〜〜!
まぁ、同梱のフィギュアはネ申というようなデキには遠いですが(苦笑)、でも割りとがんばって造形している方なんじゃないかと。それよりも、フィギュアのブリスターパックもDVDと一緒に収めることを前提にしたBOXははじめてみました。
フィギュアのポーズも、第6巻のジャケットイラストのミミカのポーズになっているので、フィギュアのパッケージを取り出すと、同じポーズのジャケットイラストが現われるという、ニクイ仕掛けヽ(´ー`)ノ

ちょっと第1エピソード第1回を見てみましたが・・・あ!放映時のフォーマットと違って、OPが先になってるよ!!!
放映時アバンだった部分は、そのまま本編アバンという形に_| ̄|○ ここは、ちゃんと放映時フォーマットで収録して欲しかったなぁ〜〜。その方がインパクトもあるし。

OPとED(通称、真のEDw)は各巻頭と最後にだけ──もっともEDは放映時金曜日にしかなかったですから、これは放映時通りか(笑)──付いてます。

しかしこのDVDももっとも白眉なのが、特典映像のDVDオンリー予告!!!!
ミミカだけでなくレギュラーキャラが巻ごとに入れ替わり立ち替わりで、次巻の内容を新録NAで紹介して行くものなんですが、新録という部分だけでもスゴイのに、各巻でのキャラのチョイスの仕方がとにかく「解ってる!」感サクレツ♪
なんとなく、DVD制作スタッフの作品へのコダワリとか愛情みたいなものが伝わってきますデス。

それにつけても、タマップキッチンのななちゃんのカワユイことよ(*´Д`) 1回目からアジマル先生の口まねしてたのねん♥
今期になってこのコーナーが消滅しちゃったのだけは、ホントもったいないな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

重くないけど☆4号♪

日付は変わってもう木曜日なんですが、今さっきようやく今週の『鬼太郎』を視聴完了〜〜。Neko1701

蒼坊主と彼が持ってきた古今の登場に、鬼太郎抹殺を目論むぬらりひょんに乗せられて、熱エネルギーを吸収して巨大化した火取魔と鬼太郎たち妖怪横丁の面々とのバトルを絡めて描く、ぶっちゃけ新アイテム登場のマーチャン編(笑)。・・・この古今が玩具の妖怪大図鑑に相当するようで(8月発売のシール食玩と連動しているらしいダス)
エネルギーを蓄え強大になった火取魔が、ぬらりひょんの言うことを聞かなくなる展開が、個人的にはイイカンジ。話もトータル的にはシリアスだったので、その分ぬらりひょんのかっこ悪い退散とか、ラストで蒼兄さんが迷子になってしまうというコミカルなオチも、バランスとして良かったと思います。

たまに、鬼太郎の仲間たち全員が揃って悪の妖怪を倒すというエピソードが入ると、単純にカタルシスが高くていいですね。

で、今回のねこ娘ですが、劇中内で日付が変わると私服も替わるというコダワリがGJ! この辺はきっと各話演出の土田豊氏のアイデアなのではないかと思います。どちらもおなじみのパーマネント私服ではあるものの、女の子らしいおしゃれ感がさりげなく出ていてヨカですよ〜〜〜ヽ(´ー`)ノ

古今での自分の項目に目を通して一安心するというシーンも、ねこ娘らしくてOK(知られたくない個人情報って、体重なの佳奈?? それともスリーサイズ??)

で今回は、ねこ娘もプリキュアばり(笑)にアクションの見せ場──蹴りを決めるカットがカッチョイイ!──があって、意外とファイティングビューティーな一面をかいま見せてくれてます。
Neko1702でも一番グーなのは、一反もめんから飛び降りる時の「重くないけど、4号!」(*´Д`)
こういう遊び心あるセリフもタマリマセン♥

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

エプロンドレスねこ娘、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ

今週の『鬼太郎』はまだ見てないんですが(;´Д`)・・・8月発売の『鬼太郎』の食玩ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大図鑑デラックスシート
このいわゆるキラに相当するホログラムシートのねこ娘!!!!!
エプロンドレス、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ
しかもやたらにハートで、乙女ちっく〜〜〜〜〜♥
ノーマルシートの鬼太郎とのツーショットの絵柄も、このところの「次回の妖怪コーナー」での二人のやりとりを彷彿とさせるカンジで、ヨカですよ〜〜〜♪

これは大人買いすべきかしらん??(゜∀゜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

まだ見てません(;´Д`)>今週の『鬼太郎』

例によっての隔週〆切(一応、これで最後だけど)と夏コミの仕込みのために、今週は『鬼太郎』どころか、スーパーヒーロータイムや『プリ5』もまだ見られない〜〜(;´Д`)

そんな中、どうやら『鬼太郎』23話で、ねこ娘が水着姿を披露するらしいとの情報を発見(o△o)|||
しかも、ラフ画は2パターンあるみたいデスヨ(o△o)|||
・・・なんでもお台場冒険王でその辺りの情報が公開されているらしいダス。

23話ってコトは、9月期の放送分ですナ。
うひょ〜〜〜〜〜! 待ち遠しいニャ♪(でも、猫って泳げたっけ???)
(ソースのリンクを追加したニャ♥)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

こえのおねえさん 能登麻美子(ルビ:のとまみこ)

「ティアラ」というビミョーなwアニメ誌が店頭に並んでおります。

立ち読み出来たので、みてみマスタ〜。

Q数も大きいし、漢字にはルビが振られているので(天元突破にルビが振られてるのを初めて見たヽ(´ー`)ノ)女児向けであることには間違いないんですが・・・
『グレンラガン』や『ハヤテのごとく』は違うだろ!!w

しかも表紙&1特は、このタイミングで『パワパフZ』(o△o)|||
イヤイヤ、女児向けならば、このタイミングならど〜みても表紙&1特は『プリ5』なんじゃないかしらん??
・・・もちろん『プリ』は2特級の扱いなんですが、肝心の『プリ5』は扱いが一番小さいYO(;´Д`)
まぁ、『パワパフZ』にしても『プリ5』にしても東映アニメの場面カットアーカイブ(昔でいうところのセル撮カット)からのものっぽいので、大伸ばしにも耐えるきれいな画像なので、そこはポイント高いですけど。

で、一番の売りは能登麻美子嬢やかかずゆみ嬢、小清水亜美嬢ら人気声優による「ふしぎの国のアリス」や「にんぎょひめ」とかの名作童話ドラマCD(゜∀゜)
女児向けなので「声の出演」じゃなくて「こえのおねえさん」とクレジットされておりますヽ(´ー`)ノ

編集側の萌えリビドーと、読者ターゲットとのなんとも言えない齟齬感がイトヲカシな一冊ですね〜。

・・・ってこれ、コアマガジンのムックじゃん(いわゆるHM編集部の本じゃないみたいですが)。まぁ、最近すっかりご無沙汰ですけどね>コア

──かかず嬢の「にんぎょひめ」が気になるけど、1500円はちと高い気がするニャ(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月19日 (木)

着回し30days売ってた〜

近所で入荷している店があったので、3つほど買ってみました>「着回し30days」

出たのは、「ボーダーTシャツ&クロップドバギーパンツ」「ビンテージ花柄ワンピ」「ドット柄ブラウス&サスペンダー付きパンツ」。
で、情報通り「もこちゃん」(というかオビツ23cm)にはデカイ...orz 
特にボトム系はウエスト&太腿がマジでピザww ・・・おそらく27cmやブライスに無理なく着せられる設計になっているのでしょう。
そんな中で、辛うじて、ドット柄のフリルブラウスはフィットしました。これはコーデ次第では使えそうなカンジ。

ちなみに、使われている生地や縫製具合は、予想してたほどチープではありません。リカ服のステップ1よりちょい上くらいの完成度です。まぁ、「リカ服なんて全部チープで使えねーよヽ(`Д´)ノ」という人には向きませんが(笑)、自分はリカ服の評価は結構高い方なので、この「着回し30days」の完成度自体は値段相応以上というカンジで、一応不満はないです。

てなわけで予定通り、追い剥ぎして彼の地に幽閉された子達用として活用することが、けって〜い!w

| | コメント (0)

いつの間にか発売されてるらしい

リーメントの「着回し30days」。先週末(木曜辺り?)に発売されたらしいのですが、我が家の近所には入荷されてる店がない〜〜(´・ω・`)
ただ、ネット情報によると、どうも「もこちゃん」にはちょっとオーバーサイズらしいダス。
・・・う〜むむ、それは考え物だなぁ〜〜。でも、見つけたら試しにやっぱり買ってみよ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

いよいよパティシエ選手権

今週の『シュガーバニーズ』は、これまで緩やかにネタを振ってきたパティシエ選手権の本戦編がいよいよスタート。今回はそのプロローグ編といったところ。1603
なので、お話自体どうこうという感じはあまりないので、4話以降ずっと1話完結を見慣れてきた身としては、ちょっと食い足りない部分もあります(いつも以上に回想シーンも多くインサートされてるし)。・・・まぁパティシエ選手権編は完全な連続ストーリーなのでしょうから、それを考えた上でのバランスだとは思いますが。

今回は作画がいつも以上に良くて、車中で気落ち気味のピエールを心配するソフィアのカットや、1601ソフィア一家の車をオーバーテイクして行くフランソワーズの乗るクラッシックスポーツカーのハンドルを握るディーヤさんのカッコ良さヽ(´ー`)ノ1602
ラスト付近で本戦の緊張感とプレッシャーを感じて不安になるソフィアとそれを励ますしろうさ・くろうさでの(ソフィアの)表情芝居──全尺TUも効果的──など、基本的にどうしても単調になりがちな話(別にシナリオが悪いということじゃなくて、シリーズ構成上これは仕方ないワケで)を、うま〜くフォローアップしておりました。1605

ところで以前のインプレで予想した通り、山岡・・・もといwジャンさんが審査員として登場! しかも第1回の優勝者という事実も明らかに(゜∀゜)
新ライバル(♂なのが残念w)エミールとジャンさんとのアイコンタクトも気になるところデス。

しかし、2クール予定でもうこのパティシエ選手権の本戦で、しかもニュータイプ誌の情報サイトを見ると、選手権編は来月頭くらいでオシマイっぽいんですが・・・。てことは、パティシエ選手権がシリーズを通した最大のクライマックスではナイってことで──つまりソフィアが優勝しない形もあり得るワケですよ!──、結構先の読めない展開になってまいりました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

あ、ちょっと鬼太郎!あんた顔が変よ!!!

今週の『鬼太郎』。正座して拝見しましたよ!!!Neko1605
ねこ娘がメインで活躍するっていうだけでも充分すぎるんですが、ストーリー自体も“現代的”な題材を巧みに取り込んでいて、身近な恐怖を感じさせるナイスな内容。
・・・昭和だったら、「ゲームの虜になった少年」、じゃなくて「ギャンブルから抜けられなくなったお父さん」なんだろうなぁ〜、とか思ったり。

ねこ娘がメインのお話なので、話に沿った視聴者の感情の動きが鬼太郎ではなく、ねこ娘とシンクロしているのもポイントで、中盤に鬼太郎が卓也を「あの子がそんなに困っているようには思わなかったよ」と突き放してしまうことに憤慨するねこ娘、という構図は、そのまま視聴者側の気持ちを代弁しているようになっていて、この辺りの持っていき方も憎いですニャ。
Neko1602しかも、スタスタと去って行く鬼太郎の後ろ姿に半泣きで「ときどき変に人間に甘くなっちゃう鬼太郎の方が・・・私は・・・」と言葉を呑み込んじゃう、という辺りのねこ娘の鬼太郎への想いが(いつものコメディリリーフ的な形ではなく)垣間見えて、グッと来ちゃいますYO♪ 演出的にも明らかにひとつのクライマックスとして考えられてるし!! ここで「大好き!」って叫ばせたらサイアクだよなぁ〜って悪寒もよぎったんですけど、きっちり踏みとどまってくれましたヽ(´ー`)ノ このやりとりがあって、ねこ娘が鬼太郎をアテにせず奮闘する決意をするという転換点にもなってますからね。

そんな流れもあって、颯爽とバトルシーンで助けに現われる鬼太郎のカッコ良さも際だっているワケですヨ。


Neko1601もちろん、いつも通りのコミカルなやりとりやコスプレ風の見せ場もあって、特に前半の制服姿を見せびらかしに登場する件辺りが個人的にはサイコー☆ 間違いなく鬼太郎にかわいい(おそらく中学校の)制服を見てもらいたくてしょうがないってカンジもいいし、ビミョーにヤキモチやきなところといい、これぞ今期のねこ娘ですね〜〜〜〜〜〜♥

そしてラストのゴスロリ衣装ですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(o△o)|||
薔薇猫乙女キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ
ジャッジメントしちゃうニャン♪キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ
Neko1603てなカンジで♪ しかも無駄にカット数多いしww さすが入好さとるコンテ! 分ってるゥ〜〜。

細かいところでは、1話以来ほとんど姿を見せなかった、ねこ娘の使い魔っぽいクロネコのクロ(ちゃんとクレジットもされてる!)が久々に登場して、一緒に学校を調査していて、ちょっと嬉しかったり。

そんなこんなで、ついつい忘却してしまいがちな(苦笑)今週のゲストの里奈なんですが、この娘もまた今期の『鬼太郎』らしい美少女キャラで(私服は紺or黒?のニーソだよ!!)、演じるのも東映アニメでは珍しいアイドル声優・中原麻衣嬢☆ 声を聴いて、思わず「嘘だッッッ」って叫んじゃいましたwNeko1604
また、里奈がねこ娘を「ねこさん」って呼ぶのも反則的にカワユスで(しかもマイマイ声ですからネ)、この話でのゲストとしては、ある意味でもったいない気もあったりなかったりw

今回は、原画マンとして藪本陽輔氏や仲條久美さんが参加されていたので、ねこ娘のグーなカットはやっぱりこの辺の方々が担当したのかしらん?? とか思ったりもしました。

──と本編をたっぷり担当したところで、追い打ちをかけるかのように(?)来ましたヨ!
ウワサの桃屋CM!!! 予想通りのベタっぷりとカオスっぷりがタマラヌヽ(´ー`)ノ
「ごはんですよ!」を食べてるうちに三木のり平の顔になっちゃうという、誰でも思いつきそうなネタをちゃんと絵にしちゃてって、スゴスギ。

ところで、「次回の妖怪コーナー」で出てきた、古文書っぽい本に掲載されてたねこ娘のシーンって、どんな風に使われるのか、カナーリ楽しみデスヽ(´ー`)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

留守してる間に、世の中スゴイことに(゜∀゜)

土曜日の午前中から日曜深夜まで、実はず〜〜っと家におりませんでした。
30時間近く、松戸方面に軟禁されてw高性能デジカメでドール撮り続けてました〜〜。

なので、まだ今日(というかもう昨日だけど)の『プリ5』も『鬼太郎』も実は見ておりません〜〜(;´Д`)
で、ちょっと気になってキャプ系掲示板とかを覗いてみたら、うほ!!!
ねこ娘が、予想を遙かに上回スゲーことになってるらしいじゃないですか!!!!!!

うぉぉぉぉぉぉ! これは正座して視聴せねばヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

なりきりジップアップ〜〜♪

うららのデビューイベントでみんなで着用していたジャケットが、「なりきり変身」シリーズとして8月に発売だとか。
これまではこっそり夏服をリリースしてたわけですが、今年は大々的にCMを打って秋服とこのジップアップジャケットというコトのようで・・・EDでこのジャケットを着ているカットが最初からあるのは、当初から商品化予定にあったためらしいデス。

Pre5cm01_1それにつけても、このCMがうららのデビュー話を彷彿とさせる形になってて(*´Д`)
これって、長峯さんのコンテを見てCMのコンテを作ったのかしらん?? それとも、その逆カナ?? いずれにしても、すごくアニメと現実がクロスオーバーしててヨカですね〜〜ヽ(´ー`)ノ
・・・かれん役の子が、アニメののぞみ並にはしゃぎすぎなのが、ちょっとツボwww

しかし、このCMの冒頭で5人揃っていたところから、ルージュとミントがくるくる回りながら笑顔で(!)下手側へフレームアウトしてゆく流れが、ものの憐れデスナ〜〜。

ところで、この「なりきりジップアップ」。戦隊のジャケットみたいに、大人用も発売して欲しいなぁ〜って思っているのは、ナ・イ・ショ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと見ました、今週の『鬼太郎』

もう日付は木曜日になってしまったワケですが、今さっきようやく今週の『鬼太郎』を見ましたよ。Neko1504

今回は「テレビマガジン」でネタバレされてた(笑)、目玉おやじが鬼太郎に自転車を買ってやろうとバイトに精を出す姿をユーモラスに見せて行くエピソードです。
これに、ちょっとだけ(フォーマットとして必要なので(苦笑))悪い妖怪・逆柱が絡んで来るという形で、とにかく目玉おやじが慣れない仕事で四苦八苦する様を追って行く構成。たまにこういうリラックスした“恐くないし、大してバトルもしない”エピソードを混ぜ込むことで、シリーズ的に上手くバランスを取っているように感じます。

さて、ねこ娘的には、まずは前半のデートプランを練るシーンですニャ☆ 古風な東屋に鬼太郎と並んで座って「遊園地、映画……カラオケもいいわね〜♪」と、極めて現代的なプレイスポットを候補に挙げて行くねこ娘のイマドキな女の子センスが、タマらなすヽ(´ー`)ノ

Neko1502で、相変わらず朴念仁な鬼太郎や砂かけ婆がおジャま虫に現われた時、その後砂かけ婆の家などで見せる、ムッとした顔と演技がビミョーにあきら様化してますYOヽ(´ー`)ノ
バトルシーンで逆さ吊りにされちゃって、スカート押さえちゃう様もカワユス(*´Д`)
Neko1503

そしてラストの、鬼太郎の自転車を後で支えてあげるねこ娘の姿が、これまた「テレマガ」とはちょっと違って、自転車に乗れもしないのに欲しいと言った鬼太郎へあきれ顔的なシチュエーションで、そんなシトコム風な落とし方がカラッとしててグー♪Neko1505

しかし、「次回の妖怪コーナー」でのねこ娘の「じゃ、鬼太郎には私が(マッサージしてあげる)☆」て、それはファッションマッサ(ryなのでは?(爆)

さてさて、来週は「テレマガ」で話題になってるねこ娘の学校潜入(?)エピソード! しかも、次回放映分より、ウワサの「ごはんですよ!」の鬼太郎コラボCFがオンエアされるようなので、なかなかの「祭」が期待出来るかも??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

味楽る!ソフィアヽ(´ー`)ノ

お約束通り、先週(14話)と今週(15話)のインプレです〜〜

1402まずは14話。
・・・2クール目最初は、子供たちキャラへの“正体バレバレ”シリーズ(笑)のたぶんラストとなるエピソードです。
3話でパリに引っ越してしまったミレイユのお家に泊まりがけで遊びに行くことになったソフィアが、ミレイユのスイーツ作りの悩みを聞いて、バニーズたちと手助けするという内容。もっともソフィア自身はバニーズの仲間、あおうさとあおみみうさを電話で(!)呼び寄せたくらいではあるんですが(苦笑)。余談ですが、このアニメは玩具マーチャントは直接絡んでいないので、こういう時に「携帯っぽい魔法の通信機」wとかを使わないのが素朴なところでありますデス。

1405ソフィアの一番の親友という設定のミレーユ(「マイメロ」でいったら、歌と美紀みたいな関係)でありながら、ほとんど出番がなかった分、今回は彼女のこれまで見られなかったさまざまな表情を垣間見られます。しかも、エプロン姿も登場ですYOヽ(´ー`)ノ1406
また、ソフィアとのツーショットが二人の、距離を超えた友情(というと大袈裟ですが)を感じさせてくれて、そういったあたりもヨイですね♪ ここらあたりは、さすが影山由美脚本というトコロかしらん。1407

続いては15話。
前回のラストで、ソフィアをはじめとした子供たち全員が投函したパティシエ選手権の書類審査の返事を、ジリジリしながら待ちわびるお話・・・一次審査は出せばほぼ合格なのではないか? な〜んて夢のないことを言ってはいけませんw

希望を乗せた合格通知が届くのが待ちきれず、冷静なピエールまでもが郵便屋さんに食ってかかっちゃうあたりが楽しいですね〜。で、さすがに「夢のある」ママもこれにはお冠というオトナな対応もポイント高し(特にPOVでのPAN-UPが効果を高めておりまする☆)。

1505そこで、しろうさ・くろうさのアイデアで、気分を紛らわせるためにみんなでお菓子作りをはじめるという展開なんですが、ここでのバニーズたちによる砂糖のトリビアが、食育番組ノリになっているのも憎い限り♪

で、ソフィアにだけ遅れて合格通知が届いてハラハラさせるのは、まぁお約束なんですが、基本的にソフィアは割合とションボリした表情がハマるキャラなので、その分喜んだりした時の笑顔がすごく明るく感じさせるところが、既存の女児向け作品のヒロインと一線を画している気もします1508
・・・普通は逆(つまり、笑顔がよく似合う分、落ち込んだ時がフックになるような形)ですからね。

さてさて、一次審査も通過した我らがソフィアタンですが、実は彼女だけ未だ具体的にどういうスイーツで選手権に臨むのかが明かされておりません。
その辺の計算された興味のつなげ方も、また上手いなぁ〜と思う次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

今日は七夕〜

と、タイトルは単に時候の挨拶ということでw

なんと、タイトルの「1日一もこ」から大きく逸脱して、一ヶ月ぶりのもこちゃん写真です(;´Д`)
07070703
それぞれの単独ショットも、アルバムの方に追加してますので、そっちも見てみてみてね♪

ところで、今週は仕事が忙しくて、これが月曜以降初の更新なのですよ〜〜(´・ω・`) しかも、明日明後日もスケジュール目一杯。実は、これもちょっと逃避だったりw
・・・「もこちゃん」の写真は、実は先週末に撮影してあったものだったんですね〜。

てなカンジで♪ 今週の『シュガーバニーズ』──久々にミレーユが登場した!──のインプレは、来週分と合わせて火曜日以降ということで・・・(誰も期待してないかも、ですが(苦笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

制服ねこ娘キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ

今月の「テレビマガジン」に、どうやら制服姿のねこ娘が掲載されているというウワサを聞きまして、早速ゲトしてみました〜。
おお、巻頭のカラーグラフ(描き下ろし版権)3見開き半が『鬼太郎』ですよ! これは幼児誌ならではの“ネタバレ上等”ヽ(´ー`)ノな7月放映分の見どころイラストですね。
しかも、ねこ娘もずいぶんとフィーチャーされてますナ・・・
で、肝心の制服姿のねこ娘──Nekotm01
いたよ、いましたよ!! これがキャラ表通りだとしたら、ねこ娘は小学生じゃなくて中学生(多分1年生)相当の外見ってカンジかしらん??

そして、もう一枚。Nekotm02
鬼太郎の自転車の練習を手伝うねこ娘(*´Д`)──こちらは、どうやら次回のエピソードでの見どころとなる模様。
鬼太郎のこぐ自転車に二人乗りという定番とは明らかに違う、なんだかビミョーにお姉さんちっくな──身長も、今期は鬼太郎よりねこ娘の方が明らかに背が高いし──ほのぼのした雰囲気がヨカですよ〜〜ヽ(´ー`)ノ
次回、これがアニメとしてどんな風に映像化されるか、メチャ楽しみ〜〜〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年7月 1日 (日)

健気なヒロイン♪ねこ娘

今週は、珍しく(苦笑)当日にインプレ出来ました〜ヽ(´ー`)ノ

今回は瀬戸内ロケ編(笑)。またも巨大系妖怪牛鬼との対決エピソードです。
もっとも、テーマ的にどうこうという感じではなく、シンプルに鬼太郎の危機とそれを救おうとするねこ娘や目玉おやじ、そしてねずみ男の活躍を割合とリアルタイムに追ってゆく趣向の内容となってます。
で、鬼太郎が牛鬼と直接まみえるワケではなく、同化して自ら火口へ身を投じる悲劇性の強いストーリー展開と、それを救うカルラというバトル的には意外と地味目なw展開が個人的に気に入っております。特に、カルラが具体的に姿を見せない辺りが、最初から救いの手となるのがミエミエだっただけに、スマートな構成だったと思う次第。

Neko1401これまでもそうでしたが、事件が起こると鬼太郎は常にねこ娘と連れだって現場へ訪れる形なので、今回の無人になった村を“捜査”するあたりは、なにやら『Xファイル』のモルダーとスカリーみたいですよ(笑)。戦闘空に切り替わった時の「ねこ娘、父さんを頼む」と目玉おやじを受け渡すカットも、すっかり定番で、完全に名パートナーですニャ☆

さらに今回登場する仲間の妖怪は、以前のぬらりひょん戦とは違って、ねこ娘以下メインどころだけなので、クライマックスでは彼女の感情がそのままみている側の感情に一致する流れになっている、まさに健気なヒロインの鑑! Neko1403・・・しかも、ここ数回の「次回の妖怪コーナー」でねこ娘が積極的に鬼太郎にアプローチしている、恋する乙女というフリ(というか、既にそういうコーナーになりつつあるかも?ヽ(´ー`)ノ)もあるので、そんな彼女の鬼太郎への想いが上手くストーリーに乗っていた感じでしたね〜。
特に、火口へ飛び込む牛鬼=鬼太郎に「鬼太郎が火山に飛び込むんならあたしも 一緒に飛び込む! 一緒に死ぬわ!」と叫ぶ辺りは、まさに“ヒーロー作品に於ける”健気ヒロインの王道!!!!!!!! 泣ける〜〜〜ッ

Neko1404で、ラストのツンデレ感サクレツな表情と会話もバシッとハマって、ねこ娘と鬼太郎の関係についてのみで考えれば、なかなか心憎いお話でありました。

ただ、ちょっと苦言を呈するならば、今期の『鬼太郎』ではねずみ男の憎めない小悪党ぶりと、それに対する鬼太郎たちとの奇妙で意外に太い友情という部分があまりしっかりとは描かれていないので、自分のために命を投げ出した鬼太郎に、ねずみ男がその理由を尋ねるシーンでの、二人の友情を感じさせるはずのやりとりが──構造的にも泣ける見せ場なのに!──若干表層的にも見えてしまったのが残念デシタ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »