« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

やはり飛び交っていたのか!>「貝澤メモ」

ググって見つけた、上野ケンさんのインタビュー記事!
ざっくりとですが、これまでの経歴と、現在の『鬼太郎』の仕事のことも触れられております。
・・・そーか『Zガンダム』のころはもうスタジオ雲雀を出てフリーだったのか〜、とか思いましたが、「『オーガス』での上野作監回はメカじゃなくて、ょぅι゛ょ作画が殺人的にすごかったんだよ〜! モームは結城信輝なんか(キャラ表は無視しまくりだったけどw)目じゃなかったんだよ〜!」とインタビュアーにツッコミを入れてしまいたくなったりww

この記事によると、どうやら妖怪のデザインもある程度上野さんが描いている風に書かれてて、「あ、じゃあやっぱりあの萌える座敷童子は上野デザインだったんだ!」と得心がいったりヽ(´ー`)ノ

しかし、一番唸ったのは次の箇所

上野:監督の中でははっきりと世界観が出来上がっていて、毎回「貝澤メモ」というものが回ってくるのですが、そこに要望は書き込んであります。それも多すぎて、とても全てに目は通せない!というぐらい(笑)。


やっぱりまた、貝澤さんは膨大な演出メモ(スタッフの間では「貝澤メモ」と呼ばれている、貝澤さんがイラスト等を交えて演出的な方向性や意図などを指示した、各セクションへの申し送り書類)が、『鬼太郎』でも飛び交っていたのか〜〜!
演出メモは、『ファンファンファーマシィー』や『貧乏姉妹物語』でも、本当に尋常じゃないくらい作成されていたのダw 
・・・貝澤さん、ノリノリで『鬼太郎』のSDを担当しているんだなぁ〜と思う次第でしたヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ミミカ』のコミックス、読んだのね

今週頭に発売された、待望のコミックス版『味楽る!ミミカ』第1巻。買ってきて読みましたよ〜!

収録エピソードは、アニメ版初期の第1エピソードから第3エピソード──「たまご料理」「キャベツ料理」「とうふ料理」編の3本。これまで、いくつかのキャプ系板とかで、アニメとコミックスのレイアウトが、ほぼまったく同じであることが検証されてましたが、なんと、各エピソードの分割具合までも、概ねアニメと同じ!
違うところと言えば、エピソード終わりや本編アバンに入る前回のあらすじの、モリリンのNAが無いくらいダヨ!!(゜∀゜)
で、原作者の春日あかねさんのフリートークにある「テレビでれんさいしてるかんじ」と、クレジットの「プロット/かめだますお」から察するに、

・かめだますを氏から提出された基本的なプロットをベースにしてネーム作成→
・ネームを元にしてアニメ用の台本やコンテが作られ、映像としての演出プラン等が考えられる→
・その後、春日さんが描いた主線段階の原稿がアニメ用の原図マテリアルとしてそのまま使用され(諸々あってw)完成。

といったプロセスで制作されているのではないか? と。
だとしたら、これってある意味で理想的な「原作アニメ」の作り方と言えるのかも??

初出一覧を見ると、「ぷっちぐみ」「小学二年生」に掲載された分しかなくて、掲載はより抜きだった模様・・・つか、最初からちゃんと全部コミックス用に仕上げてあったのだろうか?? な〜んて新たなギモンがヽ(´ー`)ノ

それにしても、カバー裏のアジマルがΩワロスヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の「もこちゃん」写真

今週の「もこちゃん」写真も、またHDDのストック編です。
0606072
去年の6月頃に撮影したもこタンで御座います。・・・お洋服は、うちの子達にはおなじみとなってるリカ服。
この写真のもこタンの足首はマグネットつきのものに交換しているので、スタンド無しでもそこそこ自立しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

今週の『シュガーバニーズ』

0901s今回は、いよいよツンデレっくすwなお嬢様=フランソワーズのお当番エピソード♪
タルトタタン作りに励む彼女を、ソフィアがお手伝いするという趣向──なんですが、なにぶんソフィアタンはお料理下手なワケで、ほとんどフランソワーズが作っていたカンジでしたがヽ(´ー`)ノ
0902sなんたって、二人でがんばってるカットが、ワインのコルク抜きですからw──でも、ワインのコルクを二人がかりで抜くという構図が、これまたちっちゃい子感サクレツなんですよねー(*´Д`)
シナリオ通りなのか、コンテで追加されたのかは定かでないですが、いずれにしても「子供ががんばってる」っていう見せ方を判ってるスタッフが揃ってますよ>『シュガーバニーズ』

しかし、名店のパティシエのレシピよりもフランソワーズ的にはお母さんの味付けの方が(名店のそれを、改良していると言ったニュアンスではありますが)断然イイ! と言い切る辺りが、このアニメのイイところ☆
で、ラストでソフィアに自分でお礼を言わず、愛犬カトリーヌにメッセージを託すっていう辺りはツンデレ(つか、プライド高い恥ずかしがり屋か?──でも広義には、それもツンデレか?)な風情漂いますダスヽ(´ー`)ノ
でも、欲を言えばピエールとのラブコメ話を見たかった佳奈。
0903ところで、劇中での「パティシエ選手権」って、シュガーバニーズが実際にある「小学生パティシエ選手権」のイメージキャラクターとして採用されているのを引っ張ったネタだったんですね。いや、知りませんでしたよ。

そういえば、来月発売の『シュガーバニーズ』DVD1巻目のジャケ写が公開されてましたね!
4話入りで36分てことは、単純に考えると9分/1話ということですから、オンエアより90秒くらい長いことに・・・。
やっぱりOPとEDがつくの佳奈?? ついたらイイナ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怖すぎ〜!角銅『鬼太郎』

今週の『鬼太郎』──もう怖すぎですよ〜! ホラー大好きの角銅博之氏の恐怖演出全開で、もし自分が子供だったら間違いなく、夜おトイレに行けなくなりそうな、闇を強調した画面作りにタジタジ〜。
話自体も、妖怪がどうこうではもはや無く、人間の業みたいなものに焦点が定められた怪奇譚になっていて、ほとんど『世にも奇妙な物語』や『ミステリーゾーン』のような、明らかに“大人のドラマ”の風格が漂う内容。
一番のポイントは、メインゲストである吉永が最終的に殺人を犯した事実を吐露しても、(心神喪失気味とはいえ)決して悔いるわけではなく、また鬼太郎が吉永に罪を自覚させるだけで、裁くわけではない、いわば不干渉のスタンスというのも渋い! (人間の罪は人間の手で裁くべき、と言外にいっている感じが、またこの話のテーマ性を強くしているわけですね)

さらに、劇中の心霊バラエティ番組が話の振りではなく、伏線としてガッチリ機能している辺りも心憎いばかり!

余談ですが、アバンタイトルで毎回鬼太郎がストーリーテラーとして、タモリやロッド・サーリングよろしく視聴者に語りかけてきますが、この辺を見ても、今回のような人間の心が生み出すダークサイドを描く『ミステリーゾーン』などに通底する話が、今期の『鬼太郎』の基本線の一つなのでは? と感じる次第ですね〜。

Neko09そんな今回のねこ娘は、ラーメン屋でのバイト。頭に三角巾を被った、ちょっと懐かし系のスタイルが、個人的には『肝っ玉かあさん』とかでの沢田雅美(古!)を思い起こさせるものがあったりなかったりww
そういえば、駅の売り子でも出てきましたが「おせんにキャラメル」を「お線香に仏菓」ともじっていたのも、ちょっとユーモラスでよかったダスヽ(´ー`)ノ

ところで、演出・作監とも2巡目に突入したわけですが、作画は崩れないですね〜。作監ごとの差異もほとんど感じられないですし。
上野ケンさんは、かなりバッチリ総作監入れているんでしょうか??

(追記)
些末なところではありますが、今回出てきたゆうれい電車。古い車両という設定なので、モーターの音が旧式車両ならではの低い唸るようなSEだったのも、ポイント高し!デシタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

ドールヨ、ドールヨ、ウマレテオイデ!

本日、各種模型誌をチェックしてきましたが、ホビージャパンを見ると、メガハウスの「ぷにコレ」シリーズ(『ローゼン』の真紅や翠星石が発売待機中のミニドール)に、『ファンファンファーマシィー』のヒロイン、ぽぷりがラインナップされてるじゃないですか!!

う〜ん、期待大・・・なんだけど、掲載されてる着彩されたデザイン画稿はがに股じゃないよ_| ̄|○|||
まぁ、伊藤郁子さんのキャラ表では、ぽぷりは別にがに股じゃないからナァ・・・アレは、あくまで貝澤さんが演出段階で付加した“明るさ&元気さ”表現ですからね。
──首から下は、もしかしたら『ローゼン』のシリーズの流用なのかもしれないから、しょうがないのか?? でも、それだとぽぷりっぽさがビミョーにスポイルされる気もするジョ(´・ω・`) せめて足首だけでもハの字にして欲しいです(ま、そこが可動するならノープロですが)。

とかナントカ言いつつ、やっぱり買わないとイカンですよヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の(!)「もこちゃん」写真

0605102とりあえず、久々に連続して「もこちゃん」写真をアップしました〜。
昨日に続いて、1年くらい前に撮ったものを引っ張り出してきました・・・なので、またしてもつぼみタンはおりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

(開き直って)今週の「もこちゃん」写真

一週間ぶりくらいの(トホホ)「もこちゃん」写真で御座います。
Clock3
今回は、1年くらい前に撮影したものをHDDから引っ張り出してきました。

・・・なかなか新規で撮影をする時間が取れない今日この頃・・・決して、もこタンたちへの熱が冷めちゃったなんてことではありませんYO!! なので、こんなペースではありますが、今後も「もこちゃん」写真は随時アップしていきますので、そこんとこ夜露死苦♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

"美少女食育エンタテイメント"

『ミミカ』DVD-BOXの正式名称は「味楽る!ミミカ ミラクルBOX」というらしいでプ☆
収録話数リストも掲載されてますが、どうやらGOMAのコーナーはやはり未収録の模様。

それにしても

"美少女食育エンタテイメント"

というコピーが、はらしょ〜〜〜ヽ(´ー`)ノ

|

フィギュア同梱キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ


味楽る!ミミカ DVD-BOX <フィギュア同梱/生産限定版> (仮)

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ

よもや、こんなに早くDVD化してくれるとは思いませんでしたよ〜! しかもフィギュア同梱てヽ(´ー`)ノ
「出演:山内菜々」って書かれているから、今やレア映像のタマップキッチンも収録されるようですニャ。
全6巻のようですが、『ミミカ』第1期は確か15エピソード×50分なので、1巻あたり3エピソードくらいかしらん・・・そういえば年度末に放映された総集編は含むの佳奈?

同時に単品も発売されるらしいデス〜。

(※文章がちょっとおかしなトコロがあったんで、訂正しました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフィアタンあんよ、とどかないの(*´Д`)

0802s_1
今週の『シュガーバニーズ』は、パティシエ選手権の話の続きかと思ったらさにあらず(゜∀゜)
シチュエーション自体は、ソフィアもフランソワーズも選手権に出場する形になっているようですが、メインのストーリーはいつもと同様で、驚き〜。
今回スポットが当たるのは、フランソワーズが密かに想いを寄せているピエール君。彼が、お店の新メニューを考え出そうとがんばるお話なんですが、例によってバニーズたちはきっかけしかあたえず、ピエールが独力で努力する展開なのがポイント高いデスね〜。

今回の脚本は、『どれみ』『ナージャ』でおなじみの影山由美さん♪ いや、ほんと実力あるベテランシナリオライターが勢揃いですな〜>『シュガーバニーズ』。この作品はイイ意味でシナリオ主導型の感じがあるんですが、北条千夏・浦沢義雄・影山由美といった面々が揃っていれば当然でしょうか??

それはさておき、ソフィアが小学1年生だということが判明ヽ(´ー`)ノ それでカフェのイスに座ってもあんよ届かないのね〜〜☆0806s 座る時も、ちょっとよじ登るような動作がきちんと付けられていて、こういう細かい演技をきちんとさせているトコロにコダワリを感じまするヽ(´ー`)ノ なんたって、ソフィアのょぅι゛ょ感のさりげないファクターですから>あんよぶらんぶらん

で、今回はこれまであまり無かったソフィアのギャグ顔があって、その辺も新鮮でした。クレジットによれば韓国作画だったようなので、総作監の高木信一郎氏はレイアウト段階くらいからきっちり修正を乗せている気もしましたデス。0800s

それにつけても、回を追うごとに具体的になってゆく、フランソワーズのツンデレ具合もイイカンジ。
ぜひ、フランソワーズのツンデレっくす満載なお話をキボンヌですよ〜〜☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

にょニンの時代なのダ?

すっかりオビツ23cm用のアイテムをリリースしてくれなくなったアゾン・・・「もこちゃん」好きとしては悲しい限りですが、それでも一応僅かな望みを託して、新製品のチェックをしているわけです・・・。
で来月のニューアイテムの一つが、コレ!
PN忍者修行中set ピンク
(゜∀゜) 女忍キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!
女忍といえば、ママチャップトイの初期の代表作(?)ドールなワケで、なんかビミョーにガクブルな雰囲気がヽ(´ー`)ノ

でもこのぴゅあにーも用のヤツは、意外と萌えな風俗ちっくデザインで、あり佳奈? とか思ってしまったりもしたりなんかしたりして(゜∀゜) 
なんて書いてますが、仮に23cm用で発売されたとしたら、きっと買わない(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

今週の『プリ5』(のアクション)

今回のお話は、ようやくのこまちさんのお当番回で御座います。
なので、これまで描かれなかったこまちさんの家族が登場・・・これがうり二つのお姉さん!(頭身・髪型っていっても、後のお下げがないだけですが──とコスチュームを変えただけで、キャラ表はどう見てもこまちさんと兼用っぽいんですけどw) で、アメリカンなバイクを乗り回すタフな人という、性格正反対のお約束ヽ(´ー`)ノ

ストーリー的には『プリキュア』シリーズとしては標準的で、無印や『MH』では主にほのか、『スプラッシュスター』では舞の主役回にあった“才女の挫折話”。ただ、ポイントなのはこれにナッツが絡んでいるという点ですね。

これまでのシリーズと違って、『プリ5』ではマスコットキャラが青年の姿にも変身するという設定なわけですが、これによって、ヒロインたちと(画面上の目線の関係も含めて)対等以上でドラマを作ることが出来るようになっている・・・「のぞみとココの熱気球」もそうなんですが、どちらもシリーズ構成の成田良美さんの脚本で、「ああ、こういうことがやりたくて、この設定にしたのか!」と、ポンと手を打ってしまいましたYO♪ 
特にココとナッツは、メンタリティ的にものぞみたちよりも“年上”でもあるので、これまでのミポメポやチョッピ&フラッピとはまるっきり違う絡め方が可能になっていると・・・なると、やっぱりのぞみの憧れの人というのは、最終的にはココになるのかニャ??

と、まぁ内容的にも色々感ずる部分もあったわけですが、しかしなんといってもオオっと唸らされたのは、船上でのバトルシーン!

Pre505201_1レモネードの、コワイナーの縦横に伸びるロープ触手をひらりと飛んでかわしつつ、画面奥にバック宙して着地とか(実はインしてくるレモネードの動きを追って、カメラがティルトして着地する時には俯瞰アングルになっているという、フレームがバンプしているのも、ダイナックさと速度感を増していたりする!)。

ドリームがジャンプ一閃、空中回転してアラクネアに回し蹴りを決めるスピーディ&パワフルな動きPre50521cd・・・1コマだけオバケ状態の足をみせて、蹴りが決まるとカメラをまたいでいるという流れといい、決めたところで上半身にひねりが気持ち入ったり、切り返しの逆アングルの俯瞰にQTBしてバシッと止め絵的に構図が決まるカットにしても、ドリームのセルを若干スライドさせつつ、フレーム自体もブレを入れていたりして、見る側の腹に力が入るような激突感を演出していて、「格闘ヒロインアニメ」の面目躍如なカットが続出!!!!

・・・クレジットをみると原画に田中宏紀氏の名前が! この方は『スプラッシュスター』劇場版での最初のサーロインVSブルーム&イーグレットの超絶スピードバトルや直後の爆炎エフェクトの原画を担当していた人で、今回の船上バトルのタイミングとかフレーミングなどの雰囲気がかなり似ているので、もしかしたらこのパートは田中氏によるものカモ??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ツンデレねこ娘ヽ(´ー`)ノ

今週の『鬼太郎』は、今期もラスボスと思われるぬらりひょんとの直接対決第1弾。
ぬらりひょんとの直接対決は、もう少し先(具体的には12話とか13話あたり)だと思っていたので、これまた意外な感じだったりしますデス。
エピソードのヒロインは、人間態はジョシコーセーというヽ(´ー`)ノ百々目鬼(キャストも桑島法子さん!)。彼女の心の葛藤と改心というのが軸です。これに、ぬらりひょんの鬼太郎暗殺計画を絡めた展開なので、今回もシナリオ面では結構過多な感じなのですが、アクションなどでカットインやハーモニーを効果的に使って、間を詰めることで、ラストの瀕死の百々目鬼と鬼太郎の会話をじっくり見せて余韻も作るだけの時間を稼いでいるので、話の展開以上に切ない雰囲気が出ておりました♪

で、そのカットインはアバンでのねこ娘が炎のビルに飛び込もうとする辺りが、(段階的に絵を重ねていくなど)実は一番効果を上げてた気もします。Neko05201

が、やっぱりなんといっても、今回のねこ娘的に美味しいシーンは、ジョシコーセーさん(百々目鬼)のコトを心配する鬼太郎にプンスカしちゃう、ツンデレっくすな場面でしょうね〜〜ヽ(´ー`)ノ
Neko05203

コスチェンジこそなかったですが、こういう美味しいワンポイント場面をちゃんと用意してくれているところが、ウレシイですYO☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

ここ2週ほどの『シュガーバニーズ』

5月8日放送分というのは、「母の日」前と言うわけだったのかは判らないですが、ソフィアのママンがお当番のお話だったんですね〜。
この手の作品には珍しく、お料理へたくそなママン萌え〜〜ヽ(´ー`)ノ
もちろん最終的には、ママンががんばって大成功という基本パターンですが、でもそれが心地いいのが『シュガーバニーズ』のイイトコロなのダ♪0603m
それにつけても、「ソフィアに美味しいおやつを食べさせたいというママの気持ちが、美味しくさせたのさ」という、40年前の岡田真澄あたりがサラッと言いそうなwダンディなパパンのセリフが、カッコいい〜〜☆

で、今週分(5/15)放送分は、1〜3話以来の連続エピソードの一発目。
公式サイトにはソフィアの親友として紹介されておきながら、第1エピソード最終話の3話で転校しちゃったメガネっ娘ミレーユが再登場!0702m
どうやら、パティシエ選手権(小学生以下しか参加出来ないってスゴイ設定!)を巡るエピソードになるようですが、今回はお菓子を作ったことのないソフィアが、手始めにマドレーヌ作りに挑戦するというお話。
お菓子作りがヘタクソで凹みまくるソフィアが、しろうさくろうさに励まされてリトライするという展開なんですが、気持ち伏し目がちなキャラ付けのソフィアが料理ベタというのは、ちょっとポイント高し♪ つか、料理ベタはママン譲りか(;´Д`)
0704m

『シュガーバニーズ』のイカしている要素として、ファンシー系の内容ながらしろうさくろうさたちからは具体的な力を借りないで、ソフィアなりその話の主人公が自力で何とかしようとするトコなんですけど、今週のお話はその最たるところ。
まぁ、バニーズたちが美味しいスイーツが作れる以外の特殊技能がないこともあるんですが(笑)。

それにしても、バニーズたちにソフィアが話す時12匹全部の名前をわざわざ言わせてみたり、友人から「驚くな」と前置きされて、話を聞き終わった後驚かないソフィアに不服そうな友人に「驚くなって言われたから(驚かなかった)」と切り返すとか、ビミョーにおかしなダイアログセンスのシナリオだな〜、と思ったら「脚本 浦沢義雄」ですよ!!ヽ(´ー`)ノ やるなぁ〜〜〜☆

ところで、ちょっと調べてみたら、これまでの『キティズパラダイスPlus』のコーナーアニメって、すべて1クールなんですよ。『シュガーバニーズ』の前にやっていた『りんごの森の〜』も2シリーズで2クールしかなかったとは!(o△o)|||
0701mてことは、もしかして『シュガーバニーズ』もとりあえず来月いっぱいでオシマイってコトなのかしらん(o△o)|||
そんなの、イヤ・イヤ・イヤ〜ン、イヤ・イヤ〜ン(><)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

水曜どうでしょう2006年新作

6月24日と7月1日に、テレビ朝日で一挙放送するらしい!!
オオめでたいゼ〜〜〜!

リンク: [水曜どうでしょう official website].

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

久方ぶりの(トホホ)「もこちゃん」写真

「一日1もこ」とか言いながら、一週間以上ぶりの「もこちゃん」写真で御座います。
07043012本日は、ちーたんのお写真をば・・・
着ているのはプリキュアスタイルの、ひかりちゃんの普段着デス。

また、こどもの日のお写真もアルバムにコメントとともに加えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

Adobe スゴロク CS3

ここ数日ちょっとハマっているWebゲームがAdobe スゴロク CS3
アドビがCreativeSuites3発売を記念して公開したゲームコンテンツなんですが、なかなか面白いルールなんですね、これが。プログラムの敵よりも早くゴールして、ランダムに置かれたいろんなアーティストが作ったブログシール(ゲーム内ではキューブ状に描かれている)を集めるのが目的という、一風変わったスゴロクなのです。

まぁ、負けることはほとんど無いのですが、それよりもたくさん種類があるブログシールを集めるという方が、楽しいわけですよ。
・・・で、トップページに貼り付けてるブログパーツが、このスゴロクで集めたブログシールの一部だったり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ゾクゾクょぅι゛ょ妖怪ヽ(´ー`)ノ

今週の『鬼太郎』は、ストーリーとしては結構良かったのですが、いかんせん内容過多といいますか、20分で収める話じゃないですよ。

鬼太郎と目玉おやじとの感情の盛り込みや、雪女の前に次々と倒れて行く仲間たちのサスペンス、雪女を倒したと思えばという、追い打ちのピンチ感とかが、結局あまり演出的に組み込めていない感じが散見されて、すごくもったいないお話でした。・・・中尾幸彦さんを持ってしても、シナリオをなぞるような雰囲気にならざるを得ないのか・・・多分、前後編にしたら、より適切だったのではないかという気がしますね〜。ちょっと残念。

しかし、ねこ娘的には冒頭の浴衣(って、もう花火大会って早くないか??w)やバイトの警備員スタイル(ポリスコス風が狙い杉ヽ(´ー`)ノ)07neko
と、コスチュームチェンジも多いし、雪女に追いつめられてのピンチ表情あたりもヨカでした♪ 

それと、1話からやってますけど、ねこ娘の四つん這い走りというのは、ケダモノっぽくてイイですね〜〜。・・・これも貝澤さんの指定なのかしらん??? これって案外ありそうでなかった、ケモノ属性娘のカワユサ表現かも?ヽ(´ー`)ノ
あと、実はやえっ子なのが上野ケン版ねこ娘の最強なトコで、原作のデザイン上ネコミミとか肉球とかしっぽとかの“お約束パーツ”が使えないハンディ(?)を見事にかつさりげなく補っているかと・・・(閑話休題)

それと、今回で言えば座敷童子でしょー! このデザインは、また斬新杉ww 声も広橋涼嬢だし!!ヽ(´ー`)ノ07zasiki
 
・・・貝澤さん繋がりで行くと『ぬ〜べ〜』では雪女のゆきめが今で言う萌えキャラで、座敷童子は一般的なイメージ通りチンチクリンなお子ちゃまという風に(原作もそうだったからだけというのもありますがw)なってましたが、今度は逆だなぁ〜なんて思ったりして(笑)

てなカンジで♪ 座敷童子がメインゲストで登場するエピソードを、今後ぜひ作って欲しいトコロですよん☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

100もこ紙幣ヽ(´ー`)ノ

100moko知り合いに教えてもらった、ジョークサイトのプログラムで「100もこ札」を作ってみましたヽ(´ー`)ノ
・・・ちょっとクセになるおもしろさ♪

| | コメント (0)

2007年5月10日 (木)

シュガーバニーズのOP&ED(゜∀゜)

サンリオベスト Vol.1 〜シュガーバニーズ〜というCDが、来月20日に発売されるらしいのですが・・・

TV東京系「キティズパラダイスPLUS」内で放映のTVアニメーション「シュガーバニーズ」「ウサハナ 夢見るバレリーナ」OP&EDテーマ収録!!

と書いてあるじゃないですか!! なんだって〜〜〜〜〜〜〜〜! シンジラレナーイ(゜∀゜)

『キティズパラダイスPLUS』を見ている人ならお判りでしょうが、アニメの『シュガーバニーズ』は、まんま1コーナー扱いなので作品としてのOP・EDというのは番組内では無いわけです。
・・・てことは、同日発売のDVDには、OP・EDがあるってことか??
おお、まるでDVDの『ファンファンファーマシィー』みたいだヽ(´ー`)ノ

で、この歌は誰が唄うんだろうか?? ひょっとして、ほちゃーんと木村亜希子嬢のデュオだったりとか??(゜∀゜)
ほちゃーん、木村亜希子嬢、かかずゆみタンで唄った「だいすきポップンベリー」とかのコトを思うと、あながちあり得ない話じゃないからコワイヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

このところの『プリ5』

5人揃って以降(7話〜)の『プリキュア5』が、『スプラッシュスター』に結構思い入れの強い自分としては悔しいくらいに(笑)面白い!

その多くがストーリー的にというよりも、演出面がすごくがんばっていて、全体的に急速にシフトアップし始めているカンジが匂い立ってくるところがタマリマセン。個人的に気に入っているのは、5人でナッツハウスの内装を整える7話、閑古鳥のナッツハウスを何とかしようとする10話、勉強出来ないのぞみと、彼女に対するココの優しさにフォーカスした11話、先日の日記にも書いたうらら話の12話、そして今週の、かれんの気持ちの変化とこまちのちょっと百合っぽいw友情を見せる13話あたり。
10話は劇場版の『プリキュア』をずっと手がけてきた志水淳児さんだし、11話は『どれみ』『ナージャ』時代から、割合と自分好みの演出をしていた岩井隆央さんなので、鉄板評価になるのは当然なんですが、それよりも7話の座古明史さん、12話の大塚隆史さん、そして13話でついに演出助手から昇格した松本理恵さんと、若手の力が存分に発揮されたフレッシュなパワーを感じさせる仕上がりのエピソードが続出しているのがグー♪

特に松本理恵さんは、『スプラッシュスター』の演出助手時代から自分は注目していた人で、この方が演助を担当したエピソードでは、担当演出家にかかわらず、総じて日常描写での女の子同士の他愛ないほのぼのした雰囲気が、どこからともなく匂い立つような印象を残すことが多かったのです。28話「旅だ!電車だ!大冒険!」や38話「アイドル誕生日向咲!ってマジ!?」あたりが結構、好例かも?

今週の13話なんかでも──絵コンテと完成映像を付き合わせたわけではないので、あくまでも自分の憶測の域は出ませんが──、こまちがかれんに手をさしのべて、ギュッと握る件あたりの、2人の心の繋がり以上に、コバルト文庫的な健全な百合加減(笑)が見え隠れする感じは、おそらく絵コンテの大塚健さんのセンスというよりも、演出処理を行った松本さんのセンスなのではないかと、強く感じるわけですよ。あるいは、カフェテリアでの5人のコミカルなやりとりのタイミングとか──。
基本コンテ通りの演出とは思うのですが、いってみればコンテはレシピであって、そこに多少のスパイスを加えて味を際だたせるというのが、演出処理の役割ですからね。

そんな具合で、松本さんには、今度はコンテからまるまる全部演出を担当してもらいたいモノだなぁ〜、なーんて思っていたりするわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

ゲゲゲの鬼太郎キーチェーン

今週の『鬼太郎』は、ねこ娘的にはそれほど美味しいシーンというのはなかったわけですが、「たの幼」で「ないしょだけど あたし きたろうが だいすきなの(はーとまーく)」とあるだけあって(笑)、鬼太郎とのツーショットのカットではよい笑顔でしたにゃヽ(´ー`)ノ06nekom
それにしても、この6話までの各エピソードは、それぞれ役割がきっちりしているカンジがありますデスね。それでいて、ちゃんと1話完結ストーリーのバラエティ感をみせているので、その辺もヨカです。

ところで、ゲゲゲの鬼太郎キーチェーン という食玩が今月下旬に発売される模様・・・なんですが、おお、ねこ娘もちゃんとラインナップに入っておりますナ〜ヽ(´ー`)ノ
でも、ブラインドボックスらしいので、困っちゃうニャ〜〜

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月 5日 (土)

こどもの日なので・・・その2

昼間、買い物に出て、みそあんの柏餅を買ってきました。てなわけで、本日2度目の「もこちゃん」写真〜。
07050501鯉のぼりの次は、柏餅をパクパク・・・みたいな感じでヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こどもの日なので・・・

本日の「もこちゃん」写真は、こどもの日ということで、鯉のぼりと一緒に撮影してみましたヽ(´ー`)ノ07050500

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

ドルショで買ったお洋服・その3

またまた、ドルショで買ったお洋服シリーズ!07050300

今日はピンクのワンピ2着です。こんな感じで、ドルショ19の収穫アイテムは、結果的にはつぼみタンとちーたんのお洋服が多かったというコトでヽ(´ー`)ノ

また、アルバムにはこのお写真の他に昨日掲載したものの、単独ショットも追加してあります。例によってコメントも付いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 3日 (木)

ドルショで買ったお洋服その2

07043009
ドルショで買ったお洋服の、単独ショットをアルバムにいくつか追加しました〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドールショウで買ったお洋服・その1

ようやく日曜日のドルショで買った「もこちゃん」のお洋服をお披露目です〜〜☆
でも取り急ぎ、集合写真で・・・(苦笑)
07043006なんと、もこタンとちーたんの着ているドレスだけで9000円(゜∀゜)・・・つぼみタンのは結構リーズナブルですが、でもこれが現品限りということで、その場で追い剥ぎしてもらって買ったものダターリヽ(´ー`)ノ


07043004こちらは、色違いのおそろのスカートのちーたんとつぼみタン。このスカートに合わせているつぼみタンのブラウスも、今回のドルショで入手したものです。


・・・単独ショットは、後ほどなんとか(;´Д`)

この他にも、まだ数着あるのですが、それもまた後日〜〜☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

ミミカ、コミックス化!!!

ヤター!!! s-book.comのコミックス発売リストによると、今月25日に『味楽る!ミミカ』がコミックスになるそうな!!!!
『ミミカ』のマンガは「ぷっちぐみ」で連載中だけど、まだ3話分しかないハズなので、単行本化するってことは、多少書き下ろしもあるってこと佳奈??・・・しかも「1」って書いてあるから、続刊満々ってコトでヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »